出会い系サイトの利用者の年齢層についての解説。若い人が多いイメージがありますが、中高年者も多いです。ただし、中高年男性の多くが既婚であり大人の出会いを目的としていることが多いので恋人募集が目的の場合は、登録するかを慎重に検討する必要があります。

出会い系サイトに登録しようか迷っている30代後半の独身女性です。登録を迷っている理由は、出会い系を使う人には若い人が多いんじゃないか、という不安があるためです。できれば年齢や世代が近い人がいいと思っているんですが、30代後半以上の人でも出会い系を使うことはあるんでしょうか?若い人ばかりではないんでしょうか?若い人が使うものというイメージもあってなかなか登録には踏み切れないでいます。

出会い系で最も多いのは30歳前後の利用者

世間一般的には、出会い系サイトに登録している人の中で多いのは若い世代の人たちというイメージが持たれているかもしれませんが、実際には男女問わず30代の利用者が多いというのが実態です。もちろん、20代そこそこの若い人もいるにはいますが、このサイトの比較しているようなポイント制のサイトは有料でしか使えないということもあって、経済的な事情から若い人たちはあまり利用頻度が高くありません。そういった活動状況という観点からも若い人よりも30代以上の中高年世代の人たちの方がより積極的にサイトを使っているというのが実態です。

また、これらの世代の人の多くが、出会い系サイトが過去に爆発的に流行した最中に利用していた経験を有しています。過去の利用体験や出会った経験などから、数年を経て再度出会い系に登録するというケースも少なくありません。

それに対して、若い世代の人たちは、出会い系サイト以外にも異性と会えるコミュニティサイトやTwitterなどの無料サービスを利用する傾向が強く、ポイント制のサイトなどにはあまり積極的に登録しないようです。登録したとしても、あまり積極的に使うことはないというのも大きな特徴です。

中高年世代の男性利用者の多くが既婚者

ただし、だからといって30代後半の女性が出会い系サイトに登録したとしても、恋人候補となるような男性と出会えるかは未知数な部分も多いです。というのも、出会い系サイトの男性利用者でも特に中高年世代の男性の多くが既婚者であり、出会いの目的も恋人募集というよりかは、一夜限りの関係やセフレ・不倫相手の募集の方が多いためです。したがって、独身女性が恋愛対象となる男性を見つけるために出会い系サイトに登録したとしても、期待通りの結果が得られるとは限りません。

ただ、そうは言っても出会い系においては、女性は男性に比べてはるかに出会いやすいというのがメリットとしてあるので、その点から言えば望み通りの恋人候補を見つけられる可能性は決して低くはないとも言えるかもしれません。

登録するかどうかを決断する際には、自分の目的とすでにサイトに登録し利用している人たちの希望や目的が一致するかどうかを検討することが大切です。