「論的な出会い系攻略法」の最後に、女性利用者のタイプ別の攻略法を紹介しておきましょう。 出会い系サイトには実に様々な女性がそれぞれに目的を持って参加していますが、そのタイプは大きく分けて次のように分類することができます。…

「論的な出会い系攻略法」の最後に、女性利用者のタイプ別の攻略法を紹介しておきましょう。

出会い系サイトには実に様々な女性がそれぞれに目的を持って参加していますが、そのタイプは大きく分けて次のように分類することができます。

  • 気軽な関係を募集している人
  • 結婚相手募集中の人
  • 既婚者

このように、たくさんの女性がいるものの、よくよくそれらの女性を見ていくとこの3つのタイプのいずれかに該当することがほとんどです。それぞれに出会いの目的や特徴が異なりますので相手によってアプローチ方法を変える必要があります。

気軽な関係を募集している人

出会い系サイトの中でも、男性・女性問わず人気のサイトが気軽に遊び相手を見つけられるサイトです。体の関係以外にも飲み友達などサークル感覚で利用する人が多く、20代前半の女性が多いのが特徴です。このタイプの女性の場合は、先に紹介したような駆引きの方法などは必ずしも有効ではありません。というのも相手を深く吟味して選ぶというよりも、できるだけ速やかに会える人を、必要最小限の項目から選ぶことを優先している女性が多いためです。そのため、詳細なメールは逆に長ったらしいとして敬遠されることも多いのが特徴です。それよりも、相手の望む条件(ルックスや年齢、会える日など)に対して的確かつシンプルに答える形でアプローチするのが理想的な方法です。

結婚相手募集中の人

プロフィール・コメントにおける駆け引きなど、最初から最後まで駆引きや工夫が最も必要になるのが、この結婚相手募集中の女性です。こうした女性は、ここぞばかりに理想的な男性を選びぬこうとあらゆる自分の理想をプロフィールで示していることが特徴的な傾向です。そのため、それに見合うと判断されなければメールの返信を期待することはできません。こうした女性に対して効果的にアプローチするためには、相手の知りたがっていることに対して漏れなく答えつつ、自分と付き合うとこういう時間が過ごせますよ、ということが分かりやすく伝わるような内容にしなければいけません。

既婚者

出会い系サイトで昔から根強い人気なのが、この既婚者の女性です。そうした既婚者専用の出会い系もありますが、こうした女性の場合目的は基本的に不倫であって、離婚⇒再婚とまで発展するような関係は望んではいないことが多いのが特徴です。しかし、だからといって相手は誰でもいいというわけではないのが難しいところで、誠実さもある程度求められます。そのため、気軽な関係を募集している若い女性の場合のようにあまりにもくだけた感じでアプローチするのはマイナスに働く可能性があるので危険です。イメージとしては、結婚相手募集中の女性に対する場合とその中間ぐらいの感覚で、程よくくだけながら、程よく紳士的にアプローチをすることが重要になってきます。

このように、ある相手には有効なアプローチ法も人やタイプが変わればマイナス要素になる場合もあるので、まずはしっかりと相手がどんな目的で利用している人かということをしっかりと見極め、把握した上でその相手ごとに最適なアプローチ法を選択することが大切なポイントです。