優良サイトに成りすます悪質な出会い系の中には、メール交換をしばらくしてからサクラが逆援助の提案をしてくるという手口を用いるサイトがあります。

悪質な出会い系サイトにおけるサクラの特徴の一つに『逆援助交際』の希望者が多いというものがあります。

逆援助交際とは、お金持ちの未亡人やセレブな奥様と騙る女性が男性利用者に対し、相手をしてくれたら報酬として金銭やそれに代わるものを提供するというもので昨今のサクラ出会い系において一番猛威を振るっている攻撃手法のひとつです。残念ながら金銭に釣られる男性の被害者が後を絶ちません。

しかし、優良なサイトになりすます悪質出会い系においてはその手法に若干の違いがあるのがポイントです。

一般的なサクラ出会い系における逆援助交際を希望すると称するサクラの手口が、比較的直接的な表現のプロフィールやメールを駆使するのとは違い、成りすましサイトの手口は、一見そういった“金銭等の提供”をほのめかしているということが分かりづらいのが特徴です。

これは、露出度の高い写メの女性会員がいる悪質サイトの手法にも通じるもので、一番アピールしたいポイントである“金銭的な対価を得られる”ということをいかにさりげなく見せるかという点に力を注いでいるという点で、これまで広く知られてきた逆援助系の悪質出会い系の手法とは一線を画すものになっています。

具体的な手法を解説します。
会員プロフィールや掲示板の書き込み、アプローチメールでは金銭的な対価を提供するということはほのめかさずに、しばらくメール交換をした後に「実は…」というように明かすというのが代表的な手口です。

そのため、相手が信じてしまいやすいというだけでなく、最初から判別することができず、利用せざるを得ないという点において非常に手の込んだ、悪質な手法という言い方ができます。特に、サクラがいないことや出会えるという印象を利用者に与えた後で行う行為であるため被害に遭う確率が非常に高い点が問題です。

このように、分かりやすい形以外にも、巧みに本性を隠して迫ってくる悪質な出会い系サイトが徐々に増加する傾向にあるのでこういったことも起こり得るということをしっかりと頭に入れておきましょう。