出会える系のポイント制サイトを悪用する悪質な業者の実態や手口についての解説と注意点。出会い系サイトには女性になりすました悪質な業者が非常に多く登録しているので騙されないよう出会えるかどうかを慎重に評価しなければいけません。

ワクワクメールの利用者男性から寄せられた質問です。

ワクワクメールを利用している者ですが、利用しているとちょくちょく業者という言葉を目にします。イマイチ意味が分からないんですが、業者って何ですか?

“業者”とは出会い系を悪用する悪質な利用者

この方が利用しているワクワクメールをはじめとした出会える系のポイント制サイトにおいては、よく女性が「業者ではないです」などということがありますが、この場合の『業者』意味は、サイトを悪用する悪質な利用者という意味と考えて問題ありません。

ポイント制の出会い系サイトには、非常に多くの利用者が登録していますが、出会えるという仕組みを悪用しようとする様々な意図を持った悪徳業者もたくさん登録しているというのが実態です。

代表的な例を挙げると、男性利用者を騙して客引き行為を行う風俗店関係者や、女性や男性に成りすましてメールのやり取りを行いメールアドレスを聞き出してスパムメールの宛先として悪用しようとする業者、サクラ詐欺サイトへと誘導しようとする業者などがいます。

この質問者の方が利用しているワクワクメールを悪用する業者は、既婚者になりすましている場合が多いという傾向があります。

この『業者』の存在を知らないと、サクラがいないポイント制の出会い系サイトにもサクラが多くいると誤解してしまうことにもなるので注意しましょう。

「業者でない」と言う女性ほど怪しい

出会い系サイトを悪用する『業者』の解説の中で、“自分は業者ではない”と言う女性について少し触れましたが、実は出会い系サイトでは「業者でない」と言う女性ほど出会えない可能性が高いという現実があります。出会い系に女性に成りすまして登録している業者の数は非常に多いというのが実態ですが、それを踏まえて自分は業者ではないと言うことによって男性にメールを送らせようとする女性も多くいるのです。たいてい、そういった女性はキャッシュバッカーであることが多いですが、キャッシュバッカーは男性と出会うことを目的としていないので会うことは当然できません。

また、キャッシュバッカー以外にもメールアドレス収集業者である可能性もあります。業者でないと信用させてメールアドレスを送らせるという手口です。

このように出会える系のポイント制サイトには男性を騙そうとする業者が非常に多いので騙されないように、女性にメールを送る際はその人が出会える人かどうかをしっかりと評価する必要があります。