出会い系サイトやマッチングアプリなどで「お金を振り込みます」や「資産を受け取って欲しい」などと言ってくる男性(女性)とやり取りを続けても安全?本当にお金を振り込んでもらえることはある?出会い系のサクラや詐欺をはたらく悪徳業者の手口と危険性について解説しています。

お金や資産を譲渡すると言ってくる男性(女性)

出会い系やマッチングアプリを使っていると、メッセージのやり取りをしている相手から「お金を振り込みます」や「資産を譲渡したいから返事が欲しい」などと言われる場合がありますが、それらはすべてサクラなので絶対に口車に乗ってはいけません。

多額の金銭や資産の譲渡をチラつかせて、返信メールを送信させようとする出会い系のサクラや業者は、返信メールを送信させることでポイントを消費させ、課金へと持ちこませることを意図しているのです。

ときには、多額の資産を譲るために信用できる相手かを判断するためと称して、一旦こちら側に入金を迫るという悪質極まりないやり口でお金を騙し取ろうとするケースもあります。

「私と会ってくれたら資産10億を全部あなたにお譲りします。」

冗談としか思えませんが、悪徳出会い系のサクラはこのように信じられないような多額の金銭や資産の譲渡を申し出るというやり方で騙そうとする場合もあるのです。

「もしかして」の可能性に賭けると被害に遭う

こういった、あり得ないような騙し文句を使うサクラによって被害に遭う最大の理由は、「もしかしたら本当かもしれない……」という心理がはたらくためです。

誰しも労せずしてお金や資産を手に入れることができればそれに越したことはないという想いをどこかしらに抱えているものですが、その可能性が0.1%でもあるなら多少の出費は痛くないという考えの元で返信メールを送ってしまっているわけです。

ですが、もちろん出会い系でそんなあり得ないような幸運が訪れることは決してありません。ただ単に、メールの返信をしてしまう分の料金を請求されるだけですし、時にはその料金に何だかんだと理由をつけてそれ以上の料金を不正に請求される場合すらあるのが実態です。

「押し貸し」による詐欺に遭う危険性

出会い系やマッチングアプリで「お金を振り込みます」という人に対して口座番号などを教えると「押し貸し詐欺」に遭う危険性もあるので絶対に教えてはいけません。

「押し貸し」とは、勝手にこちらの口座にお金を振り込み、のちに利子つきでの返金を迫るという詐欺です。

無視すればいいというものでもありませんし、猛烈な督促の電話に晒されることになりますので、実際には泣く泣く高額な利子つきで返金手続きを取らざるを得ないという被害者が多くいます。

出会い系でメールをする相手が「お金を振り込みます」という場合には、単に相手がサクラでその手口のひとつとして用いる場合の他に、こうした悪質な詐欺集団との連携で口座番号を入手しようとする業者もいるので十分注意しましょう。

出会い系やマッチングアプリには「援助交際」の相手を見つける場所として悪用されてきた側面があります。実際、出会い系やマッチングアプリを使っていると金銭での割り切り条件で会おうとする人が、男性にも女性にも少なからずいます。

ですが、億単位の金銭や資産を譲るという人などは絶対にいないので決して騙されないようにしましょう。最近ではパパ活が流行していることもあって、出会い系やマッチングアプリでは、金銭的な援助をしてもらえる男性が見つかると安易に考えている女性もいますが、こういった多額の金銭や資産を譲渡すると言ってくるサクラや悪徳業者に騙される危険性もあることをぜひ理解しておいてください。