出会い系で「振り込みます」ということを平然とメールで伝えてくる女性(男性)は無視するようにしましょう。悪質なサクラが手口のひとつとしてこういった騙し文句を使う場合もありますし、悪質な詐欺集団との連携で口座番号を入手しようとする業者もいるので十分注意するようにしましょう。

出会い系の利用者の中にはこちら側に対して「振り込みます」ということを平然とメールで伝えてくる女性(男性)がいますが、それらはすべてサクラなので絶対に口車に乗ってはいけません。

このサイトでは、出会い系サイトで出会うためには『はじめからサクラがいなくて出会えるサイトを選ぶ』ということを推奨していますので、そういった出会い系のサイトを適切に選べば特に心配する必要はありませんが、利用者の方の中には意図せずしてサクラ出会い系に登録してしまっている人もいるかもしれませんので注意事項としてまとめてみます。

出会い系のサクラは金銭的な援助を申し出る

昔の出会い系のサクラは一般の利用者と見分けがつきにくいように普通の人同士が交わすような内容のメールを送って利用者を騙していましたが、サクラ対策法などは広く知られるようになってからは、露骨にゴリゴリと利用者を騙そうとするようになってきました。その最たる傾向が、金銭的な援助を申し出るというサクラの手口です。

「私と会ってくれたら資産10億を全部あなたにお譲りします。」

このようなことを平気で言ってくるのが現在のサクラの特徴です。普通に考えれば、そんなことあり得るはずがないということぐらい誰でも理解できそうなものですが、実際にこういった手口によってサクラ被害に遭い、膨大な利用料金を不正に搾り取られる人が多く存在しています。

「もしかして」の可能性に賭けると被害に遭う

その人たちの多くがこういったいかにもあり得ないような騙し文句を使うサクラによって被害に遭う最大の理由は、「もしかしたら本当かもしれない…」という心理からメールを返信してしまっていることに端を発しています。人間誰しも労せずしてお金や資産を手に入れることができればそれに越したことはないという想いをどこかしらに抱えているものですが、その可能性が0.1%でもあるなら多少の出費は痛くないという考えの元で利用してしまっているわけです。

ですが、もちろん出会い系でそんなあり得ないような幸運が訪れることは決してありません。ただ単に、メールの返信をしてしまう分の料金を請求されるだけですし、時にはその料金に何だかんだと理由をつけてそれ以上の料金を不正に請求されることにもなってしまいます。

『押し貸し』による詐欺に遭う危険性がある

また、「振り込みます」という人に対して口座番号などを教えると『押し貸し詐欺』に遭う危険性があるので絶対に教えてはいけません。“押し貸し”とは、勝手にこちらの口座にお金を振り込み、のちに利子つきでの返金を迫るというタイプの詐欺です。無視すればいいというものでもありませんし、猛烈な督促の電話に晒されることになりますので、実際には泣く泣く高額な利子つきで返金手続きを取らざるを得ないという被害者が多くいます。

出会い系でメールをする相手が「振り込みます」という場合には、単に相手がサクラでその手口のひとつとして用いる場合の他に、こうした悪質な詐欺集団との連携で口座番号を入手しようとする業者もいるので十分注意するようにしましょう。