出会える可能性を少しでも高くするためにも、複数の出会い系に登録する場合は、利用者の女性のタイプや求める男性像に応じてプロフィールを柔軟に使い分けるということが重要です。

出会い系サイトに登録する人の中には、ひとつのサイトだけでなくて複数のサイトに登録して同時に使うという人がいます。そういう人のほとんどは、どのサイトでも同じプロフィールを使うのですが、それだと出会えない場合もあるので注意が必要です。

出会える場合と出会えない場合とにハッキリと結果が分かれる

同じプロフィールを設定してサイトを使うことによる弊害には、次のようなものがあります。
それは、出会えない場合はとことん出会えない、ということです。なぜかというと、ひとつのサイトで出会えなかったプロフィールは他のサイトでも出会えない可能性が高いからです。基本的にサイトに違いはあってもどのサイトもだいたい似たような人が集まりますし内容にも大きな違いがないことが多いです。この傾向はサイトの登録者数が多くなればなるほど強くなります。これは統計学や確率論的にも言えることなのです。なので、ひとつでダメなら他もダメということになってしまうことになるんです。

出会える確率を少しでも残すためにプロフィールを変える

これを防ぐには、サイトごとにプロフィールを変えるということが有効になります。違うプロフィールであれば、仮にひとつのサイトで失敗したとしても、他のサイトでも同じように失敗するということにはなりません。いわば、保険代わりにプロフィール設定をサイトごとに変えておくということですね。この方法を使うとかなりの確率で、どこかのサイトでは出会えるということになるでしょう。

このように戦略的に取り組まないと出会い系サイトではなかなか出会えないということを知っておいてください。たとえ、サクラがいないサイトであったとしても女性の数が男性よりも少ない分どうしても出会いづらくなってしまうのです。そのために、カギとなるのがプロフィールの使い分けというわけです。

サイトの内容が違う場合もプロフィールを変えることが有効

また、仮に登録する出会い系サイトによってサイトの内容が違ったとしても、プロフィールを使い分ける方法は出会うために有効です。サイトによってプロフィールを変えるのは、その出会い系に登録している女性のタイプや好みなどに合せることで出会える可能性が高くなるからです。

仮に、片方のサイトには30代の女性ばかりが、もう片方のサイトには20代前半の女性ばかりがいるとします。この2つのサイトを使うにあたって、まったく同じプロフィールコメントを設定しても出会える可能性が低いことはみなさんも容易に想像できるのではないでしょうか?当然ながら、20代の女性と30代の女性では求める男性のタイプも趣味などもまったく違います。同じコメントではまったく的外れなことを言うことになることもあるのです。

相手が20代の女性だったら、頼りになる、遊びを知っている大人の男性に憧れるかもしれませんが、30代後半の女性が相手であれば、少年のような純粋さを持った人の方がむしろ好まれるかもしれません。要は、相手の求めるニーズに応じて柔軟に対応するということが大切なんです。そのためにも、相手の希望や求める出会い相手のタイプなどを含めてサイトの特色をきちんと評価しなければいけません。