恋愛をうまく進めていく上では冷静で的確な判断と決断、そしてタイミングが欠かせません。特に出会い系サイトにおいては、こちらのアプローチに対する相手のリアクションや感情などを読み取ることが難しいため、よりその必要性が増すこと…

恋愛をうまく進めていく上では冷静で的確な判断と決断、そしてタイミングが欠かせません。特に出会い系サイトにおいては、こちらのアプローチに対する相手のリアクションや感情などを読み取ることが難しいため、よりその必要性が増すことになります。

そうした中にあって出会い系での恋人探しを上手に進めるための最も基本的で欠かせない要素が“自分の立ち位置を的確に把握しておく”ということです。これは、言い換えるならば“勘違いや思い違いをしない”ということでもあります。出会い系サイトでのお相手探しは比較的そうした思い違いをしやすい傾向があるので注意しなければいけません。

では、具体的にはどのような思い違いのパターンや傾向があるのかについて見ていきましょう。

出会い系で陥りがちな「思い違い」のパターン

相手が自分だけを見てくれている

これは出会い系サイトで男性に多い思い違いのパターンです。特にプロフィールなどを見て気になった人に対して起こしがちな思い違いのパターンで、相手に対する気になる度が高ければ高いほど、相手との気持ちのギャップが大きくなる傾向があります。

相手のことを気に入ると独占したいという願望が湧きあがってくるのは恋愛においてはしょうがないことではありますが、それが高じて思い違いに至ってしまうと、そのチャンスをみすみす逃すことにもつながりかねませんし、もしうまくいかなかった場合の落胆は予想以上に大きいものになるので気をつけなければいけません。出会い系サイトでは、相手が女性の場合は特に不特定多数の男性から同時にアプローチを受けている可能性が高いのでこちら側とのテンションには大きな違いがあることを予めしっかりと認識しておく必要があります。

自分だけに特別に連絡先を教えてくれている

これも同じようなことではありますが、先に挙げたことがメール交換などを始める前のことであるのに対し、これはメール交換をある程度した後に携帯のアドレスなどを交換した際に陥りがちであるという点で違いがあります。

連絡先を交換できたということは間違いなく相手のお眼鏡にかなったということではありますが、だからといってそれがイコール自分だけに決めた、ということにはなり得ません。先にも述べた通り、出会い系サイトでは複数の人から同時にアプローチを受け、同時進行でメール交換をすることは決して珍しいものではありませんのでメールアドレスや電話番号の交換ができたからといってすでに恋人になったかのような心づもりになってはいけません。

いずれも自分自身の気持ちが入りこみすぎることによって起きる思い違いであることがわかると思います。しかし、余程好相性であるとか、相手が他の誰とも連絡を取っていないとかの事情がない限り“出会い系サイトではいろいろな人を見て相手を選びたいという人が多く”、それが出会い系サイトにおける出会い探しのスタンダード、つまり正常な姿であるということをしっかりと考えておきましょう。

これは何もセフレなどの割り切った関係で付き合える人を探すことを目的としたサイトを利用する場合だけに限りません。むしろ、結婚相手を探したり、恋人を真剣募集することを目的としたまじめな出会い系でこそ、よりよい相手を見つけたいという願望から複数の人と同時にメール交換をし、時には何人とも実際に会いながら相手を選ぶという人が多くなる傾向にあるので、たとえまじめ系のサイトを使っていたとしても決して安心できないという点は非常に大きな注意点です。

このように、出会い系サイトでは“自分の立ち位置や現在地”は必ずしもいいポジションにあるとは言えません。それよりも、多くの同性との競争を経て選ばれなければならない立場にある場合が多いので、そうした自分の現在地を常に的確に把握しておくことが重要です。