本当に会える系の出会い系サイト(アプリ)「ハッピーメール」で業者の排除が進み女性と会える確率が高くなっている!?「ハッピーメール」における援デリやLINE誘導の業者の危険性、アカウントが利用停止となる女性の実態とその背景にある事情について解説しています。

強制退会となる女性(業者)が増えているハッピーメール

本当に会える系の出会い系サイト(出会い系アプリ)として高い人気と評判を誇る「ハッピーメール」において、不正なユーザーや悪質な利用者に対する取り締まりが強化され、運営側によって突然、利用停止(強制退会)となる女性ユーザーが増えています。

具体的には、一部の援デリ業者LINE誘導業者などアカウントの停止されている模様です。ハッピーメールの受信ボックスに表示される受信メールの履歴と見ていると、過去にメールをもらった女性の大半がメールを受信した日から数日後には利用停止となるケースがよく見られるようになってきました。

誘導業者だけでなく一部の援デリ業者もアカウント停止に

ハッピーメールでアカウントが強制的に停止される女性ユーザーを調べてみると、その大半がいきなりLINEやカカオのIDを送ってくる、いわゆる「LINE誘導業者」なのですが、それ以外にも一部の援デリ業者も利用停止となっていることが確認できました。

  • 女性側からメールを送ってくる
  • 最初のメールからいきなり会おうと誘う
  • メール以外にも「いいね!」だけしてくるケースもある
  • 返信メールを送ると決まって最初だけ金銭を求める内容のメールをしてくる
  • 返信メールを送るとその日当日にいきなり待ち合わせしようとする
  • 待ち合わせ場所指定されるのは東京であれば日暮里や五反田などの特定地域ばかり

以前は、こうした特徴に該当する援デリ業者のことを不正ユーザーとして運営事務局に通告しても無視されるだけでしたが、現在ではアカウント停止や強制退会などの措置を講じられるというケースが僅かながら出てきているようです。

強化された取り締まりの実態と背景

ハッピーメールで取締りが強化され利用停止となる業者が急増している背景には、ハッピーメールが以前未成年による売春の書き込みを放置したとして摘発されたことや、サクラ出会い系業者によるLINEへの誘導行為が頻発したことなどが大きく影響しているものと考えられます。

他にも、ハッピーメールはワクワクメールやPCMAXなどの大手優良出会い系と比較すると、誘導業者や援デリ業者が多いという問題がありました。その要因は、ハッピーメールが1,700万人を超えるとも言われる膨大は会員数を抱えていること以外にも、ハッピーメール専用のbotソフトが販売されていることも大きな要因です。

ハッピーメールではサイトやアプリにログインするとすぐに女性から「いいね!」が送られてきたり、アプローチメールが送られてきて「まだ相手が見つかってなければこれから会いませんか?」などと誘ってくる女性が多いですが、ほぼすべてbot(※)によって自動的に送信されたものというのが実態です。

こうしたさまざまな問題が要因となってハッピーメールでの業者の排除への取り組みが以前よりも積極的に行われるようになったものと考えられます。

※[脚注] botとは、自動のサクラプログラムのことで、人手を使わずともハッピーメールの男性会員に対して予め設定したタイミングで自動でメールを送信できるソフトのことです。

いきなりラインのIDやメールアドレスを送りつけてくる誘導業者を中心に、一部の援デリ業者も含めて取り締まりが厳しくなっていることは歓迎すべきことですが、それでもまだハッピーメールは、ワクワクメールほどの安全レベルには達していないというのが正直な印象です。

ハッピーメールは元々、ワクワクメールにもまったく引けを取らない、素人の女性と会える確率がかなり高い出会い系として個人的にも高く評価してきました。一時はワクワクメールよりもよっぽど会えると感じていたほどです。

ところが、数年前から業者による悪用が目立ち始めて現在に至るわけですが、ハッピーメールで女性とたくさん会えた体験(それも簡単に!)をしてきた者としては、ぜひもう少し業者の排除を頑張ってもらって、ワクワクメールに匹敵するぐらいには回復してもらいたいところです。業者さえもう少し減れば、人妻や熟女ともたくさん会えるチャンスがある超・おすすめの出会い系なのですから。