出会い系サイトの種類にはどんなものがあるかについて、無料サイト、有料サイトの詳細な分類を行いタイプごとに特徴とメリット・デメリットについて解説しています。

この記事は、出会い系サイトに関する知識が比較的浅い、初心者などの利用者に向けた内容です。

出会い系サイトには、どんなものがあるのか?という疑問がサイトに寄せられましたので解説します。出会い系サイトに関する詳しい知識をお持ちの方は読み飛ばしていただいて構いません。

  • 無料サイト
    • 有料サイトにも同時に登録されるサイト
    • 他の有料サイトの広告が配信されるサイト
  • 有料サイト
    • 安い料金設定のポイント制サイト
    • 高額な料金設定のポイント制サイト
    • 月額固定料金で利用できるサイト
    • 出会いが成立した際に料金を支払うサイト

無料サイト

無料出会い系サイトには、以下の2つのタイプがあります。

有料サイトにも同時に登録されるサイト

このタイプの無料出会い系サイトは、登録すると名前やサイトアドレス(URL)がよく似た姉妹サイトにも同時に登録されるというシステムの出会い系サイトです。無料サイトそのものは出会える可能性もあり安全ではありますが、有料サイトの方はサクラしかいません。それも含めて考えると、このタイプの無料出会い系は、安全性が非常に低いので登録すると高い確率でサクラ被害に遭う可能性があるため危険です。

他の有料サイトの広告が配信されるサイト

このタイプの無料出会い系サイトは、有料サイトに同時に登録されることこそありませんが、サイトからのお知らせメールや、サイト内のあらゆる箇所に他サイトの広告が掲載されるという特徴があります。無料サイトそのものは、安全性が高いと評価できますが、有料サイトの広告が非常に多く、またそれらのサイトが概してサクラ出会い系であることが多いため、こちらについてもそれを含め総合的に評価すると危険性が高いと評価せざるを得ません。

有料サイト

有料サイトには以下の4つのタイプの出会い系サイトがあります。

安い料金設定のポイント制サイト

メール送信1回につき10円~50円程度という大変安い料金設定が特徴の出会い系サイトです。このタイプのサイトには、基本的にサクラがいることはありません。なぜなら、利用者がたくさんメールを送信したりしても儲けの割合が低いのでサクラを導入するメリットがほとんどないという、システム面にその理由があります。

現在、もっとも安全性が高く、サクラもいないということで出会える可能性が非常に高いタイプの出会い系サイトであると評価できます。

高額な料金設定のポイント制サイト

同じポイント制の出会い系サイトでも、メール送信料が1回につき500円などの高額な設定になっている出会い系サイトは、サクラ出会い系の典型的なタイプです。このタイプの出会い系サイトを利用すると延々とサクラメールが送られてきますし、一度登録してしまうと、何かと因縁をつけるように入金を迫られることになります。

加えて、サクラばかりである場合が多いのでほぼ出会うことができないという特徴もあります。

したがって、利用してはいけない出会い系サイトと評価することができます。

月額固定料金で利用できるサイト

メールを送信することや掲示板に投稿するなど利用する度に課金されるのではなく、1か月間(31日)などの期間を区切って料金を支払いタイプの出会い系サイトです。このタイプのサイトにはサクラが一切いませんし、女性利用者に関しても女性に成りすます業者などの取り締まりを厳しく行っているので出会える可能性が非常に高いのが特徴です。

利用者数については、安い料金設定のポイント制サイトに比べると少ないという傾向がありますが、出会える可能性自体は同等以上にあるため、高評価を与えることができるのが特徴でもあります。

出会いが成立した際に料金を支払うサイト

ここで解説している出会い系サイトのタイプの中では、もっとも知名度が低く、サイト数そのものも少ないタイプの出会い系サイトですが、出会うことが成立した場合にのみ料金を支払えばいいというシステムになっているので、利用者側の負担が最も少なくて済むという意味では一番高く評価することができます。

利用者同士がメールアドレスの交換をした時点で出会いが成立したとされるというシステムになっています。