出会い系サイトでのメールアドレス交換のタイミングについて注意点や直メ交換のコツを解説しています。出会い系サイトで女性にメールアドレス交換を申し込むのは2通目以降のメールでするのが鉄則です。

出会い系サイトで女性と出会えるかどうかを左右するのがメールアドレスの交換です。ハッキリ言ってしまえば、メールアドレスが交換できない女性とはまず出会えることはありませんし、メールアドレスが難なく交換できれば会えるというのが出会い系の一般的な常識です。

簡単にはアドレス交換できない出会い系の実態

出会い系サイトを利用している女性が普通の人ばかりであれば、メールアドレスの交換がこれほどまでにクローズアップされることはなかったでしょうが、非常に残念なことにサクラがいない出会い系サイトにおいてもサクラこそいないものの、男性に会えると思わせてメールを送らせる悪質な女性がいるので男性にとってメアド交換のシーンは出会い系での一大イベントとでも言うべきハイライトシーンになります。

望ましいメールアドレス交換のタイミング

男性の中には悪質な女性に騙されメールを引き延ばされてポイントを無駄にしてしまうリスクを回避するために、アプローチメールの中でアドレス交換を要求する人も多いです。しかし、これでは出会える可能性を高めるばかりか、相手が普通の女性であったとしても敬遠されがちなので却って出会える可能性を下げてしまうことになります。

したがって、アドレス交換については少なくとも2通目以降のメールで持ちかけるようにするのがマナーでもあり出会い系攻略のための鉄則ということになるわけですが、女性の中には本当に慎重な人もいるものです。2通目でアドレス交換を断ってもしばらくメールを続けると交換に応じてくれたりすることもあるものです。これは僕自身がイククルで体験したことでもあります。なので、アドレス交換に応じないからと言って出会えないと決めつけるのは早計です。

メアド交換を申し込む際のポイント

ポイントを無駄にせず、なおかつ女性に敬遠されないために理想的な方法は、2通目もしくは3通目のメールでアドレス交換を申込み、もしそのタイミングで交換ができなくてもメールを続けてもいいという姿勢と気持ちを相手に伝えるということです。そうしておけば、仮に相手の女性がアドレス交換を躊躇ったとしても気まずい思いをさせずに普通にやり取りを続けることができますので望みをつなぐことができるということです。出会い系では、メアド交換を断ってしまったという申し訳なさから相手の男性に嫌われたと勝手に解釈して連絡を絶つ女性も少なくないので、女性の微妙な心理に気を配りながらメールのやり取りをしましょう。