安全性が高い、サクラがいないポイント制の出会い系サイトには、愛人契約を希望する女性利用者が非常に多くいます。これらの利用者に関しては、実際に愛人となることを希望する女性とポイント稼ぎを目的としているキャッシュバッカーもいますので注意が必要です。

出会い系サイトには、援助交際などの社会的にも大きな話題となるような問題が多く存在していますが、未成年者の援助交際問題については、サクラがいないポイント制の出会い系に関して言えば年齢確認を厳密に行っていることもあって、ずいぶんと数が減ってきています。ポイント制の出会い系をきっかけに援助交際問題が起きることはほとんどありません。それだけ、安全性が高くなっていると評価することができる一方で、新たな問題が生じています。

愛人契約募集者の増加

それが、愛人契約を結べる男性を募集する女性の増加です。これは、サクラばかりしかいない悪質な出会い系サイトにおいてはあまり見られなかった現象です。サクラがいないポイント制の出会い系サイトは、男性でも女性でも一般の利用者ときちんとメール交換することができますし、実際に出会うこともできるようになっているなど、これまで主流だったサクラサイトとは異なり安全性が非常に高いのが特徴です。

しかし、この安全性の高さが逆に愛人契約希望者を増加させる要因ともなっているのです。愛人を募集する人にとって大切なのは、きちんと出会えるということと、愛人を希望する人がそこそこ登録しているだけの会員規模がサイトにあるということです。サクラがいないポイント制の出会い系は、この二つの点に関して条件を満たしていることから格好の出会いの場所となってしまっているというわけです。

キャッシュバッカーも愛人募集者を装う場合がある

ただし、これには注意点があります。それは、ポイント制の出会い系を利用している愛人契約募集者の女性の中には、実際には愛人になる気も、実際に会う気もなくただ男性からのメールを受信しやすいようにという理由から愛人希望者を装うキャッシュバッカーもいるということです。

つまり、愛人契約を希望する女性が多いように見える一方で、これらのキャッシュバッカーの存在を差し引けば、実態はさほど多くはないかもしれないという状態になっているというわけです。

愛人を本当に募集している人か、キャッシュバッカーが装っているだけなのかいずれにしても、普通に出会うことを目的としている利用者からすれば迷惑な存在であることに変わりありません。

未成年者の問題が解決に向かいつつある中で、こういった新たな問題が生じているということに関しては、健全化を望む立場からすれば懸念を表明せざるを得ない事態であると評価しなければいけないでしょう。