出会い系サイトでは“条件あり”の女性とは、法理に触れる可能性があるので決して会ってはいけません。出会い系サイトの健全化のためにも決して金銭のやり取りを含めた出会いはしないようにしましょう。

【質問】
少額ポイント制のサイトを使っていると“条件あり”ってプロフィールに書いている女性を見かけますがこういった女性とは会ってもいいでしょうか?

【答え】
出会い系サイトで“条件あり”となっている女性は、援助交際や愛人契約希望の女性である可能性が高いですし、場合によっては風俗業者である可能性もあるので絶対に避けるようにしましょう。

法に触れる可能性がある

“条件あり”で会うということは、通常出会い系サイトでは、金銭と引き換えに肉体関係を持つことを意味します。これは、売買春に当たる行為なので法律に触れる可能性があるということを理解しておかなければいけません。

それにも関わらず、出会い系サイトではそのことを気にせずに条件ありで会おうとする男性・女性が少なくないのが実態であり大きな問題です。こういった行為に及ぶ人がいることが、出会い系サイトの社会的なイメージや評価を大きく損ねる要因となっていることをすべてのユーザーがしっかりと理解する必要があります。

売る方も問題ならば買う方も問題で、モラル意識の低い人が多くいるというのは健全に出会い系サイトを利用する大半のまともなユーザーにとっては甚だ迷惑なことでしかありません。

出会い系健全化のために不可欠な利用者の意識改革

出会い系サイトが援助交際問題とともに論じられることが多いことや、様々な悪徳業者によって悪用されることが多い背景には、こういった条件ありでも簡単に会おうとする人の存在も大きく影響しています。

「自分だけはいいや」
「他の人もやってるから問題ない」
「どうせバレないからいいだろう」

というような考えで行動すべきではありません。

出会い系サイトがもっと健全なものとしてきちんと社会から評価されるようになるためにも、利用者も社会人としてしっかりとした行動規範を守って健全化に貢献する姿勢で利用しなければいけませんし、それがひいいてはより出会いやすく、使いやすいという大きなユーザーメリットとなって自分たちに返ってくることを強く意識して、高いモラル意識の元、出会い系サイトを利用することが求められます。