出会い系サイトにおける被害には、サクラ被害の他にも、無料サイトに登録することで起きる他サイトへの登録や、自動後払い制による不正な課金、サクラがいないサイトで起きるキャッシュバック会員によるポイント搾取などの被害があります。

出会い系サイトを利用したことがきっかけで起きる被害の典型的なものは『サクラ被害』ですが、サクラによる被害の他にも様々なケースがあることを理解しておきましょう。ここでは、サクラによるもの以外の被害についてサイトのタイプごとに解説します。

無料サイトで起き得る被害

出会い系サイトに登録する人の多くが、無料で使えるサイトを選ぼうとしますが、実は無料サイトは非常に危険性の高いタイプの出会い系です。

他サイトの広告

無料で使うことができても運営費を賄わなければならないというサイト側の都合上、悪質・優良問わず他の出会い系の広告が多数配信されるからです。広告の配信形態には、メルマガ広告とサイト内のバナー広告の2つのタイプが主に存在します。

これらの広告が危険な理由は、ひとつのサイトに登録した結果、他のサイトにも登録してしまう可能性があるということにあります。それが、たとえばサクラがいないサイトであればまだいいですが、実際はほとんどがサクラ詐欺をはたらくサイトばかりです。つまり、無料で安全に出会い系を使おうとした結果、最終的にサクラ出会い系に騙されて料金を騙し取られるなどの被害に遭うという本末転倒な結末に至る可能性があるということです。

同時登録などによる悪質サイトへの登録

また、広告による他サイトへの登録以外にも、同時登録システムによって他の悪質なサクラ出会い系に登録されてしまうリスクも存在します。出会い系の無料サイトでは、このタイプのサイトが一番多いので注意しなければいけません。同時登録システムによって被害に関しては、広告によるものと内容はほとんど同じです。

高額なポイント制サイトで起き得る被害

出会い系サイトの中でサクラ被害を発生させている元凶とも言えるのが、高額なポイント制のサイトです。サクラ被害以外にも深刻な被害を発生させています。

そのひとつが、料金の不正な課金です。出会い系サイトの中には、前払い制と後払い制の両方に対応しているサイトがあります。後払い制に切り替わる場合には、そのことをしっかりと利用者に分かりやすく説明する義務がサイト側にはありますが、不正な課金を行う悪質な出会い系は、これを行っていません。利用者が無料ポイントの範囲内で利用しているものと勘違いするように、自動で勝手に後払いシステムに移行させるなどの手段で利用者から料金を搾取するのです。

利用料が高いポイント制の出会い系サイトには、こうした手段を用いて利用者を騙すサイトが非常に多いので注意が必要です。

サクラがいないサイトで起き得る被害

出会い系サイトの中には、ごく一部ですが、サクラがまったく存在しないという比較的優良なサイトがあります。

ですが、このタイプの出会い系においても残念ながら被害が生じる危険があるのが事実です。その被害の典型的なものには、キャッシュバック会員と言われる女性に騙されるというものがあります。サクラがいないポイント制のサイトでは、女性は掲示板へ投稿したり、男性からメールを受信するとポイントが貯まる仕組みになっていることが多いです。貯めたポイントは商品や景品、金券などに交換することができるのですが、キャッシュバック会員はこの仕組みを悪用します。ポイントを貯めて金銭や商品に換えることのみを目的に、男性に会えると信じ込ませてメールを送信させたり、写メを見させたりします。

目的は会うことではないので、男性はただポイントを無駄に消費するだけとなってしまうため、実質的に騙されるという被害となるわけです。


このように、出会い系サイトにおいては、サクラによる被害の他にも様々な被害のタイプが存在しますので、これらに注意しながら出会い系サイトを利用する必要があります。