スマホの無料出会いアプリはGPSで近所の人を検索しチャット形式のメールで出会う仕組みの出会い系です。新しいタイプの出会い系として評判となっていますが、本当に出会えるアプリがある一方で、写メの収集や悪用目的の詐欺的なアプリもあるので利用には注意が必要です。

無料出会いアプリは出会える?

スマートフォン用の出会いアプリがこのところ急激に人気となっている最大の理由は、実際にちゃんと女性と出会えるためです。

しかも、出会いアプリのほとんどは携帯に搭載されているGPS機能を使用して、現在地と近い場所にいるご近所さんをリアルタイムで検索し、その場ですぐにメールを送ることができるという仕組みです。メールも通常の携帯メールとは異なり、LINEなどのようにチャット形式のメールとなっているため、スムーズに会話をすることができるメリットがあります。

そのため、女性と出会いたいと思った時に、タイミングや運がよければ、その場ですぐに出会えてしまうという、出会い系ユーザーにとっては理想的な“ご近所での即会い”を体験できる可能性があるわけです。

ぎゃるるなどの本当に会える系の無料アプリは、この点が評価されて口コミで評判が広がり、ダウンロードユーザー数を増やしてきました。

まったく出会えない悪質アプリが急増中

無料出会いアプリはサクラによる詐欺や援デリなどのリスクがある出会い系サイトに比べて安全で遙かに有益なサービスであるかのように感じられるかもしれませんが、実際はそうとも言い切れない面があります。AndoridのGooglePlayやiTunesのAPP Store上で配信されている無料出会いアプリの中にはまったく出会えない無料アプリや詐欺被害に遭う危険性のある悪質なアプリもとても多いためです。

GooglePlayにしろ、APP Storeにしろ、そのアプリが実際に出会えるのかどうかは実際に使ってみない限り判断することができません。そして、出会い系サービスである以上、運次第で会えない場合もあるのが当たり前なのでアプリの良し悪しを事前にきちんと評価することは難しいです。そのため、いくつかの安全な優良アプリに紛れるように、詐欺的な出会いアプリが数多くダウンロード可能な状態となってしまっているのです。

特に、昨今では通常の集客方法では登録ユーザーを集めづらくなってきたサクラ出会い系の悪徳業者が、アプリマーケット経由で集客するべく、積極的に出会いアプリを開発、配信するケースが目立つようになってきています。それらのアプリでは、検索して出てくる女性利用者はすべてがサクラ会員であったり、配信される広告を介してサクラ詐欺の出会いアプリへと誘導される危険性が非常に高いです。

プロフに載せた写メ画像が悪用される危険性

無料出会いアプリを使うことには、サクラ詐欺の出会い系アプリに誘導される危険性以外にも危険性があります。そのひとつが、アプリ上で登録・公開したプロフィール写真がアプリ運営側によって無断で収集され使用される危険性です。

ユーザーが投稿した画像を自由に利用できるとする 無料出会いアプリ「ともチャット」の利用規約第2条
無料出会いアプリ「ともチャット」の利用規約第2条

本アプリ又は本サービスにおいて、ユーザーが投稿その他送信を行った文章、画像、動画その他のデータ(以下「投稿情報」といいます。)の知的財産権は、ユーザーに帰属するものとします。但し、当社は、投稿情報を無償で自由に利用(複製、複写、改変、第三者への再許諾その他のあらゆる利用を含みます。)することができるものとします。

これは、「ともチャット」という無料出会いアプリの利用規約第2条をキャプチャした画像です。画像の下に書き出した文章中の赤文字で強調した箇所に注目してください。「ユーザーが投稿した画像などを自由に使用できる」という趣旨のことが書かれています。

たとえば利用者がプロフィール写真を登録したとすると、

  • 写真や写メ画像がアプリ運営会社が運営する別の出会いアプリでサクラ用のプロフ写メとして悪用される
  • アプリのスクショ画像や広告宣伝用の写メとして無断で使用される
  • 他のユーザーの写真や写メ画像などと共に外部業者(サクラ出会い系の運営業者など)に無断で売買される

このような悪用を無断でされる危険性があるということを意味しています。

出会いアプリのユーザーで、いちいち事細かに利用規約をチェックする人はそう多くはないので、このアプリのユーザーの大半は投稿した写真が無断で悪用される危険性があることなど露とも知らず画像を投稿している可能性が高いということになります。

さらに恐ろしいのは、ユーザーが投稿した写真や画像を無断で使用する可能性があることを利用規約に規定している無料出会いアプリは、この「ともチャット」以外にもたくさん存在しているということです。

むしろ、App Store や Google Play でダウンロードできる無料出会いアプリのほとんどは、このような危険性の高いアプリばかりと言っても過言ではありません。

出会えるアプリでも美人局に遭う危険がある

ユーザーが投稿した写真や画像を悪用する無料出会いアプリ以外の、本当に会えてしまう無料アプリでも近年では危険性が増しているという事実があります。

具体的には、アプリで知り合った女性と待ち合わせの約束をして実際に出会ってみると、美人局や恐喝などの犯罪被害に遭う危険性が増しているのです。

無料出会いアプリは、建前上「出会い系サイト規制法」が規定する「異性紹介事業」には“当たらない”コミュニティサービスとして運営されているため、ユーザーの年齢確認を厳密には行っていません。そのため、ユーザーの中には、まともな出会い系サイトには決していない“18歳未満の中高生などの児童”が紛れこんでいる可能性があるのです。

残念なことに、無料出会いアプリユーザーの大人の中には、優良な出会い系サイトでは決して出会うことができない18歳未満の児童との出会いを目的に使っている人もいます。無料出会いアプリの中には、そうした18歳未満の未成年児童を誘い出し会おうとする大人をターゲットに、未成年児童との援交をネタにオヤジ狩りや美人局などの犯罪をはたらく者が少なからず存在しているのです。

※参考リンク
「美人局の常習犯か 出会い系に書き込んだ男性から現金脅し取った容疑で無職男を逮捕 大阪府警 – 産経WEST」
http://www.sankei.com/west/news/170424/wst1704240111-n1.html

優良出会い系を使うのが最も安全で会える確率が高い

一時期は入れ食いとも言えるほど簡単に出会えると評判だった「無料出会いアプリ」ですが、こうしたことから昨今ではむしろ危険な目に遭う可能性の方が高いものへと変わってしまいました。人気や評判を獲得した最大の要因だった“本当に会える”ということについても、ユーザー離れが進んだりブームの終焉などにより、すっかり出会えない率の方が高くなってしまったという問題もあります。

そもそも無料出会いアプリでは大手の出会い系サイトなどのように、大々的に広告宣伝を行ってユーザー獲得に努めているわけではないので、利用者数は日増しに減少し続けていて今ではすっかり下火となっているというのが現状です。現在でもアプリを使い続けているのは、キャバクラやホストクラブの客引き目当てのホスト・ホステスや援デリ業者、サクラ出会い系への誘導業者、マルチ商法など詐欺の勧誘などばかりとなってしまっています。

結局のところ、出会い系アプリで出会うには、ワクワクメールハッピーメールPCMAXといった古くから運営されてきた優良出会い系サイトの公式アプリを使うのが最も安全で確実な方法ということなのです。

無料出会いアプリに関しては、若いギャルや女の子と出会えるかもと淡い期待を抱いて“オヤジ”も何度もトライしたことがありますが、正直会えたことはほとんどありません。オッサンという時点でまったく相手にされなかったことも多かったですし、同世代の熟女や人妻ユーザーも少なかったのでそこに救いを求めることもできませんでした。

懐事情の厳しさから、無料と聞くとつい手を伸ばしたくなってしまう我々“オヤジ”ではありますが、出会い系はまさに「安物買いの銭失い」がピッタリ当てはまるものなので、くれぐれも手を出さないようにしましょう。始めから優良出会い系のアプリを使った方がはるかにポイント代も時間も節約できるのは間違いありません。