出会い系サイトの代用としてLINE(ライン)掲示板を利用することのリスクについて解説しています。

ネットの出会いと言えば、出会い系サイトが主流ですが、近年では法律による規制が厳しくなってきていることや悪質なサクラ詐欺が横行したことによる評判の悪化を理由に出会い系サイトを避ける人も増えつつあります。そういった人たちにとっての新たな選択肢となっているのが昨今普及が著しく進んでいるLINE(ライン)です。LINE(ライン)は、元は出会い系サイトとして誕生したわけではありませんが、LINEを利用した掲示板などが開設されたことなどによって出会い系としてLINEを利用する人も増えているのが実態です。しかし、LINE掲示板を利用することにはリスクが伴うということに関しては十分に理解しておかなければなりません。

LINEのIDが削除され利用できなくなるおそれがある

LINEを悪用して出会い系代わりに利用する人が多いことなどから、犯罪に発展するリスクを回避するために、LINE側では、利用規約において知人・友人以外の見知らぬ異性とのID交換を禁止しています。したがって、この規約に違反して見知らぬ異性とLINEのIDを交換することにはIDが削除され利用できなくなるリスクが伴います。

サクラ詐欺サイトなど悪徳業者に悪用される危険がある

また、LINE掲示板においては、出会い系として利用しようとするユーザーの志向を巧みにつくようにサクラ詐欺などをはたらく悪徳業者が一ユーザーとして成りすまし、IDの交換などを通じて関係を持ち最終的にはメアドなどを収集し、悪質出会い系のスパムメール送信先として利用するという行為が横行しています。

つまり、簡単にいえば、LINE掲示板を利用して異性と出会おうとすることには、悪質なサクラ出会い系に最終的に騙されることになるというリスクが存在するというわけです。

援助交際に巻き込まれるリスクがある

また、何より気をつけなければならないのは、援助交際などの犯罪行為に巻き込まれるリスクがあるということです。ネットでの出会いを希望する人がLINEを使う理由には無料で利用できること以外にも、出会い系サイトが法規制により使えないために代用としてLINEを使うというものもあります。出会い系サイトの利用が法律により禁止されているのは、18歳未満の児童ですからLINE掲示板での出会いにはそういった未成年者との援助交際に巻き込まれるリスクがあるのです。