出会い系サイトや出会い系アプリでやり取りをしている相手から住所や最寄駅、住んでいる地域について聞かれた場合の対処法や待ち合わせ場所を決める場合に注意すべきことなどについて解説しています。

利用者からの質問と回答

出会い系でやり取りしている相手の男性から住所を聞かれることが多いんですが、そういう場合はどう答えたらいいんでしょうか?

さすがに会ったこともない男性に正確な住所を教えることは抵抗がありますが、かといって聞かれたことをスルーすることで業者やサクラと思われても困ります。

相手にも嫌な思いをさせずに、なおかつこちらも無駄な心配をせずに済む上手な答え方(かわし方)を教えてほしいです。中には、業者やサクラでないことの確認という理由で、最寄りの駅や地域についてしつこく聞いてくる人もいて困っています。

出会い系で知り合った人にどこに住んでいるかを執拗に尋ねられる場合は最大限に警戒する必要があります。どんなに親しくなったとしても、実際に会ってみて本当に信用できると確信できない限り住まいについての詳しい情報は相手に教えないのが賢明です。

また、住所や地域を教えなければ危険はまったくないというわけではありません。LINEのIDを本名にしている場合はそこから素性がバレて住所などの個人情報が相手に知られてしまう危険性があるので注意しましょう。


住所や最寄駅などの情報はできる限り教えない

出会い系サイトや出会い系アプリで出会った人とメールのやり取りをしていると、親密になっていく過程で会話の流れでお互いの住んでいる地域を尋ねる場合があるものです。

リアルな世界での出会いであればごく自然に交わせる住まいに関する話題も、出会い系サイトや出会い系アプリで知り合った人が相手の場合は、住所や最寄駅などの情報を安易に教えるべきではありません。

たとえ、直アドやLINEを交換して会うことが半ば確定しているような状況であったとしても、自分がどこに住んでいるのかについて詳細を伝えるのは控えた方が賢明です。

住所や最寄駅などを相手から聞かれた場合は、やんわりとはぐらかすのが王道の対処法です。その際のポイントは、真面目なテンションで答えるのではなく、冗談を交えながら笑いに包んで質問をかわすということです。

相手:「ところでどこに住んでるの~?」
自分:「秘密~♪○○くん怖い人かもしれないし~(笑)もっと仲良くなったら教えるね~💕」

などのように、相手が不快に感じない程度の冗談を交えながら質問をやんわりとかわして答えると、相手に嫌な印象を抱かれることなく住んでいる場所に関する会話をスルーすることができます。

住んでいる地域を教える危険性

残念ながら出会い系サイトや出会い系アプリには、純粋に出会いを目的とした人以外にも知り合った相手の個人情報を聞き出して、詐欺や美人局といった犯罪に悪用することを目的とした悪意ある危険人物が登録している場合があるので、プロフィールの内容やメールのやり取りだけで安易に相手のことを信用して自分がどこに住んでいるかを教えるのは危険です。

男女問わず、出会い系で知り合った相手の人と関係がこじれた結果、ストーカー被害など何らかの犯罪行為に発展する可能性は決してゼロではありませんので、住んでいる地域は実際に出会ってから相手の人となりをよく把握した上で教えるかどうかを慎重に判断するようにしましょう。

最近では、誰もがスマホの地図アプリなどを活用してすぐに、地域の情報を調べ上げることができてしまうので、「地域や最寄駅ぐらい教えてもいいか」と聞かれるがままに安易に教えてしまうのは危険です。

執拗に尋ねてくる相手には最大限の注意を払う

中には、自分がどこに住んでいるのか執拗に尋ねてくる人(特に男性に多い)もいます。質問にもあったように「業者やサクラでないことを確認するため」と称してしつこく住所や最寄駅などを聞いてくることもあります。

そういうケースに遭遇した場合は、相手に対して最大限の注意を払いましょう。

ハッキリ言ってしまえば、出会い系サイトや出会い系アプリで知り合った人がどこに住んでいるか、詳細について知っておく必要性はまったくありません。待ち合わせ場合もお互いに都合がつく場所で会えばいいだけの話ですし、普通に会う分には相手の詳しい住所などを知る必要はありません。

やり取りしている相手が住所や最寄駅などについてあまりにもしつこく聞いてくる場合は、教えてはいけないばかりか、会うことすらも止めることを検討すべきです。特に、女性が男性にどこに住んでいるか聞きだされそうになるケースでは、その相手の男性との待ち合わせの約束はできるだけしない方が無難です。

会ってもいないうちから住所について執拗に聞き出そうとする人と実際に会ってしまうと、後々トラブルに発展する可能性も否定できません。

相手に住まいを聞く場合は配慮する

自分が知り合った人に対してどこに住んでいるかを聞く場合も、住んでいる地域を知られることの不安に配慮した聞き方をすることが大切です。

せっかく親密になりつつあった関係でも、住まいを尋ねたことがきっかけで不必要に相手の警戒心を煽ってしまい、関係が冷え切ってしまうことも十分起こり得ます。たとえ、悪意も何の意図もなく世間話感覚で尋ねたとしても住まいを聞くことで警戒心を抱かせてしまう可能性もあるので、男性が女性に相手の住所や住んでいる地域を聞く場合は慎重さが求められます。

親しくなった人とメールやラインのやり取りをしていると、相手のことがもっと知りたくなって何気なく住んでいる地域について聞きたくなるものですが、住まいに関する詳しい情報を聞かれるのは男女問わずあまり気分のいいものではなく、どちらかというと警戒心の方が勝ってしまうのであまり直接的に聞かないように配慮することも重要です。

ネットでの出会いをきっかけに起きる男女間のトラブルは、近年増加傾向にあります。自分の身を守るためには、住所や勤め先の会社情報をはじめとした個人情報を簡単に教えないことはとても大切です。どんなに親しくなったとしても、実際に会ってみて本当に信用できると確信できない限り、情報は相手に教えないようにしましょう。

この記事では、主に“女性が男性に住所を聞かれた場合”をテーマに解説しましたが、男性が女性に住所や最寄駅などの情報を教えることにも危険性はあります。特に、我らがオヤジ世代の男性諸氏は注意が必要(既婚者の男性は尚更のこと!)です。出会い系で知り合った女性相手に簡単に最寄駅などの情報を教えてしまうのは危険なので絶対に止めておきましょう。

割り切りや不倫関係で会った女性との関係がこじれてしまうなどのリスクは誰にでもあります。どんなに信用できると思える相手でも、何がきっかけで関係がギクシャクしてトラブルに発展するか分かりません。出会い系を使う男性には、「自分は絶対に大丈夫」と根拠ない自信を持っている人も少なくないので、女性だけに限らず男性も注意が必要です。

最初に会う待ち合わせ場所を決めるときも、普段よく行き来するところではなく、“普段はあまりいかないけどよく知っている行き慣れた場所にする”など、よく考えた上で決めるのがおすすめです。