出会い系サイトで美人局被害に遭いそうになった時の経験談を紹介。美人局被害は昔からある出会い系の被害で、現在は少なくなっていると考えられていますが、今でも十分起こり得る被害なのでくれぐれも注意するようにしましょう。

久しぶりの記事更新です。
今日は、僕が出会い系サイトを利用して経験した“危険性”について紹介したいと思います。

これまで出会い系サイトを随分と長いこと利用してきましたが、実際に危険な目に遭ったというのはほんの数える程度しかありません。その数える程度の経験のひとつが『美人局』です。

結論から先に言うと、強盗被害に遭ったとかそういうことではないんですが、危ういところで回避できたという感じでした。

約10年以上前の話になりますが、とある出会い系サイトで知り合った女性と会おうということになり待ち合わせの約束をしたんです。待ち合わせ場所自体は駅の改札口の前でしたし、人も多い駅だったので特に心配もせずにドキドキしながら女性を待っているという感じでした。その当時出会い系サイトで会うということに慣れていないこともあって、どちらかと言えば怖さよりも会うこと対する嬉しさや期待感の方が大きかったのをよく憶えています。

すると、そこへ待ち合わせの約束をした相手と思われる女性が遠くの方からやってくるのが見えたんですが、向こうはまだ自分には気づいていないようでしきりに携帯をいじっていました。それで、てっきり自分にメールが来るのかなと思い携帯をポケットから取り出そうとした時でした。

女性の様子が何か変なんです。普通、こういうシチュエーションの場合、待ち合わせ相手の人にメールを送ったり電話をしたりするものですが、全然そんな感じの行動とは違う、何を意味しているか分からない仕草をしていたんです。

その動作は、何か手を使って合図を送っているようにも見えました。そこで、手の動きを注視してみると、何やら近くにはいない人に向かって親指を立てるポーズをしているではありませんか!そして、その指先が示す方向をさらに視線で追ってみると…!

なんと駅の改札から表へ抜ける角の陰にいかつい感じの男が2・3人見えました。

待ち合わせに来ていた女はその男たちグループとコンタクトを取っているようで、明らかに美人局臭がプンプンとしていたのです。

そこで、危険性を察知して逃げたので結局その相手の女性が美人局かどうかは正確には判明していませんが、待ち合わせの約束をするまでのスムーズさやメールの感じからその疑いはかなり濃厚だったと今でも思っています。

美人局被害と言えば、昔ながらの出会い系被害であり今はそんなに起きないのではないかとタカをくくっている人もいるかもしれませんが、今現在でも起きている被害なのでユーザーのみなさんはぜひ気をつけるようにしましょう。

他にも危険を感じた経験をしたことはあるので、また改めてこのコーナーで紹介したいと思います。

それでは。