出会い系サイトや出会い系アプリ、マッチングアプリでの出会いで「美人局」に遭う危険性や被害の実態、万が一美人局に遭った場合の対処法や被害を避けるための女性の見分け方などについて、出会い系で美人局に遭いかけた体験談を元に解説しています。

「美人局」とは?

「美人局(つつもたせ)」とは、女が婚姻関係や内縁関係にある男と共謀して、他の男を誘惑し、そのことに言いがかりをつけて金品を脅し取ることです。出会い系サイトやマッチングアプリは、ターゲットとなる男性を見つけて誘いだす場として悪用されることが多いです。

出会い系サイトやツーショットダイヤルなどで知り合った女性から、部屋に誘われ衣服を脱ぎ、いざ性行為などを行おうとしたときに、女性の仲間の男性が登場して「俺の女に何をする」というのが典型的なパターンである。

これらに類される行為で、典型的なものは男性が女と会う約束をして実際に行ってみると、屈強な男に囲まれ金品を巻き上げられるという手法である。また呼び出されてラブホテルに入っていく所を写真に撮られ、後日家族や会社に曝露すると脅迫してくるケースもある。

※出典
https://ja.wikipedia.org/wiki/美人局

出会い系での美人局の実態

出会い系での美人局の事件は、古くから度々発生してきた類の犯罪ですが、今現在でもなお発生し続けており、決して“遠い過去の話”ではなく、出会い系やマッチングアプリを使う場合には、まさに“すぐそこにある危険”と言えるものです。

  1. 18歳未満の未成年による美人局
  2. パパ活を装う手口の美人局
  3. 援デリ業者と派遣されてくる女性による美人局

18歳未満の未成年による美人局

出会い系での美人局で最も多いパターンと言ってもいいのが、18歳未満の未成年による「オヤジ狩り」とも言える美人局です。

出会い系サイトで美人局(つつもたせ)をしたとして、滋賀県警東近江署は5日、強盗容疑で、いずれも住所不定、無職、杉○龍彦容疑者(21)と少女(17)を逮捕した。「金がなかったからやった」などと容疑を認めているという。

 逮捕容疑は共謀し、4日午後3時15分ごろ、大津市松山町の食料品店の駐車場に止めた同市の会社員男性(23)の乗用車内で、折りたたみナイフを突きつけ、現金6千円と男性の運転免許証を脅し取ったとしている。

※出典
https://www.sankei.com/west/news/180205/wst1802050023-n1.html

出会い系を使ってはいけない、出会い系で出会ってはいけないと法律によって定められている18歳未満の未成年を使って援助交際などを持ちかけて男性を誘い出し、18歳未満の未成年児童との淫行をネタに金品をゆすり取る美人局は、無料出会い系アプリで遭う危険性が高いです。

パパ活を装う手口の美人局

ここ数年、一部の若い女性の間で密かなブームとなっている「パパ活」ですが、出会い系やマッチングアプリでパパ活に励む女性と出会う場合も美人局に遭う危険性があります。

最近、援交の同義語として使われている「パパ活」。だが、こうした女性たちに食いついてくる中高年男性を狙った「ネット美人局」のトラブルが増えている。
「基本的にパパ活希望の女子の大半は未成年ですが、本当は20歳を超えているのにダマすケースもあります。いずれも、『警察に通報されたくなかったら金を寄越せ!』という内容で、ATMなどでお金を下ろさせて最大30万円程度の現金を脅し取るようです」

※出典
https://www.excite.co.jp/news/article/Weeklyjn_18765/

引用元の記事は、主に18歳未満の未成年との援助交際が脅しのネタとされることが多いという趣旨で書かれていますが、お金を払って性的関係を持つ買春行為そのものが脅しのネタとなる場合もあるので、相手が18歳未満かそうでないかは、実際のあまり関係ありません。パパ活目的の女性と金銭による割り切り関係で会おうとする限り、美人局に遭う危険性は常に一定以上あると考えておいた方がいいです。

援デリ業者と派遣されてくる女性による美人局

ハッピーメールやPCMAXなどの本当に会える系の優良な出会い系では、援デリ業者と業者が派遣する女性による美人局に遭う危険性があります。

ハッピーメールで美人局被害に遭った男性からの体験談
匿名2014年07月11日 17:06
東京、神奈川は売春婦(援デリ)しかいないんじゃないかっていうぐらい多いよ。
写真が可愛いのは美人局だったな。
待ち合わせ場所にきたのはヤンキー系のお兄ちゃんでした。
みなさんお気をつけくだだいね。
刺青のかたは怖いのでって言って一度逃げられたので素人さんもごくわずかだがいるのかもね。

参考になった4063人
引用元:https://www.dating-website.info/review-happymail#comment-19949

こちらは、ハッピーメールで美人局被害に遭った男性からの口コミ情報です。可愛い女性の写メを使って男性を誘いだすという、美人局の手口の実例です。待ち合わせ場所に女性ではなく、一味の男が来るという大胆な犯行です。

※出典
https://www.dating-website.info/risk-of-badger-game

そもそも、援デリ業者の誘いに応じること自体が褒められたことではありませんが、ひとまずそのことは脇に置くとして、プロフィール詐欺で呼び出した男性からお金を騙し取るだけでは飽き足らず、男性がホテルに入りシャワーを浴びている間に財布を盗んだり、元締めの男が部屋に押し入って金銭を脅し取る援デリ業者もいるようなので、やはり絶対に援デリの誘いに応じて会ってはいけません。

美人局に遭いかけた体験談

これまで出会い系サイトを随分と長いこと利用してきましたが、実際に危険な目に遭ったというのはほんの数える程度しかありません。その数える程度の経験のひとつが「美人局」です。

結論から先に言うと、強盗被害に遭ったとかそういうことではないんですが、危ういところで回避できたという感じでした。

約10年以上前の話になりますが、とある出会い系サイトで知り合った女性と会おうということになり待ち合わせの約束をしたんです。待ち合わせ場所自体は駅の改札口の前でしたし、人も多い駅だったので特に心配もせずにドキドキしながら女性を待っているという感じでした。その当時出会い系サイトで会うということに慣れていないこともあって、どちらかと言えば怖さよりも会うこと対する嬉しさや期待感の方が大きかったのをよく憶えています。

すると、そこへ待ち合わせの約束をした相手と思われる女性が遠くの方からやってくるのが見えたんですが、向こうはまだ自分には気づいていないようでしきりに携帯をいじっていました。それで、てっきり自分にメールが来るのかなと思い携帯をポケットから取り出そうとした時でした。

女性の様子が何か変なんです。普通、こういうシチュエーションの場合、待ち合わせ相手の人にメールを送ったり電話をしたりするものですが、全然そんな感じの行動とは違う、何を意味しているか分からない仕草をしていたんです。

その動作は、何か手を使って合図を送っているようにも見えました。そこで、手の動きを注視してみると、何やら近くにはいない人に向かって親指を立てるポーズをしているではありませんか!そして、その指先が示す方向をさらに視線で追ってみると……!

なんと駅の改札から表へ抜ける角の陰にいかつい感じの男が2・3人見えました。

待ち合わせに来ていた女はその男たちグループとコンタクトを取っているようで、明らかに“美人局臭”がプンプンとしていたのです。

そこで、危険性を察知して逃げたので結局その相手の女性が美人局かどうかは正確には判明していませんが、待ち合わせの約束をするまでのスムーズさやメールの感じからその疑いはかなり濃厚だったと今でも思っています。

美人局に遭わないための予防対策

出会い系やマッチングアプリで美人局に遭わないためには、以下のことを守ることが大切です。

  1. 18歳未満の未成年と会わない
  2. 無料アプリは使わない
  3. 援交や割り切りをしない
  4. やたらと会いたがる女性の誘いには応じない
  5. 待ち合わせの際は必要最小限の持ち物で行く

18歳未満の未成年と会わない

出会い系やマッチングアプリを使う場合は、もはや当たり前のことですが、18歳未満の未成年児童とは決して会ってはいけません。出会い系サイト規制法で利用や誘因が禁止されている18歳未満の未成年児童と会うことは立派な犯罪行為ですし、前述の通り美人局に遭う危険性があります。

無料アプリは使わない

ワクワクメールなどの優良な出会い系やマッチングアプリでは、登録者が18歳未満でないことを確認する年齢確認の手続きを厳格に行っていますが、ぎゃるるなどの無料出会いアプリには、年齢認証がなく使えてしまうアプリがあります。そういった無料出会いアプリには、オヤジ狩りや美人局目的の未成年がいる可能性が高いので決して使ってはいけません。

援交や割り切りをしない

出会い系やマッチングアプリでの美人局による被害の多くは、援助交際やお金での割り切りをネタにゆすられることが圧倒的に多いので、美人局に遭わないようにするには、援交や割り切りは一切しないことが最も有効な対策のひとつとなります。

やたらと会いたがる女性の誘いには応じない

美人局は、自分から男性に対して積極的にメールを送り、盛んに会おうと誘うケースが多いです。やたらと美人でスタイルがいい女性が体の関係ですぐに会いたいなどと言って誘ってくる場合など、あまりにも都合のいい条件で会おうと誘ってくる女性は美人局の可能性があるので避けた方が無難です。普通の女性がそのような誘い方をすることは基本的に一切ないので変に期待を抱いて会おうとするのは止めておきましょう。

待ち合わせの際は必要最小限の持ち物で行く

美人局はその場で所有している金銭を脅し取る以外に、ATMなどに連れだして現金を引き出させたり、身分証などを元に後日さらなる脅しをかけてくる場合もあります。そういったリスクを避けるためにも、待ち合わせ場所に出向く際は、持ち物は必要最小限の状態で行くのがベターです。

美人局に遭った場合の対処法

美人局に万が一遭った場合は、変に穏便に済まそうと交渉を持ちかけたり、相手に挑もうとせずに、まずは逃げることが大切です。逃げきることができて金品を取られなければそれに越したことはありません。

まずは、その場から逃げることを考えましょう。それから、警察への通報を試みてください。いずれも状況的にむずかしい場合には、少なくとも後日の責任追及のため、相手側の個人を特定できる情報を可能な限り確保しておくようにしてください。

同時に、相手からの恐喝内容を証拠化することも重要です。会話の内容を録音したり、写真を撮ったり、相手方の名前などを確認しておくといったことが重要です。

※出典
https://news.livedoor.com/article/detail/13046744/

引用元の「弁護士ドットコムニュース」による記事にもある通り、

  1. まずは、逃げること
  2. 難しい場合は、できるだけ証拠を残すことを心がけること
  3. その後、警察へ通報して被害を申し出ること

こういった優先順位で対処するのが望ましいです。

出会い系での出会いやマッチングアプリでのパパ活目的の女性との出会いは、どうしても大人の関係など体の関係で会うケースが多くなりがちです。そのため、美人局などの危険性は常に一定度はあるものと考えて、必ず未然に防ぐよう自己防衛を心がけるようにしましょう。

記事中で紹介したワタクシの、被害に遭いかけた体験談に近い話は、出会い系やマッチングアプリでの出会いでは決して珍しい話ではないと思います。私自身、15年以上出会い系を使っていても未だに待ち合わせ場所に行く際は、ドキドキしますし怖い目に遭わないか不安にもなるものです。

皆さんも美人局に遭わないようくれぐれも気をつけてください!