出会い系サイトで知り合った相手と連絡先を交換する場合は、メールアドレスの収集を目的とした業者などを避けるためにもできるだけ、メールアドレスや電話番号は相手に先に教えてもらうようにしましょう。

出会い系サイトで知り合って実際に出会えそうな相手に対して連絡先を先に教えてほしいと申し出るのは、断られる可能性もありますし、相手の気分を害する可能性もあるため、出会う上ではマイナス要素になりかねないことではありますが、自分自身を守るという上では必要なことでもあります。

たしかに、男性が女性に対して、危険性があるから先に教えてほしいと言うのは気まずいことですが、その心理をついた手法を用いる怪しい業者がいる以上、連絡先は男から教えるものだと決めてかかる前に慎重になる必要があります。

したがって、やはり連絡先を交換する際は、たとえ男性からであろうと、できるだけ相手の女性に対して教えてもらうようにするようにした方が無難です。その場合は、出会える確率を低くしてしまう可能性がありますので、単刀直入に聞くというよりもできるだけ丁寧な表現でお願いするのがいいでしょう。

ただし、危険性があるからということまでは伝えないようにした方がいいということです。危険性があるからということを相手に伝えてしまうと、ただ単に不愉快な印象を与えるだけということになりかねず、逆に出会える可能性を下げる可能性があるためです。

このようなことを踏まえて、相手に対して『もし、よかったら連絡先を教えてください。』と丁寧にお願いしてみましょう。

もし、相手がそれを断りこちらから教えなければいけないという状況になって初めて、自分から連絡先を教えるということを考えるというのがベストです。

出会い系サイトでの連絡先の交換におけるリスクを減らすことは、セカンドアドレスを使用するだけでも充分にできますが、かといって余計なリスクを負う必要はありませんので、こうした方法で連絡先を交換するようにした方がより安全性を確保できるということになります。