出会い系サイトで出会った相手には必要以上に個人の重要な情報を明かさないことが大切です。男女の関係はほんの些細なことからもつれることが非常に多くあります。それが周囲の人までをも巻き込むような事件に発展したりすることがないように個人情報の取扱いには十分注意することが大切です。

これまで見てきた通り、少しの油断から個人情報を漏らしたり巧みな話術によって自ら個人情報を伝えることによって被害が想像以上に大きくなるのが出会い系サイトの怖いところでもあります。

したがって、サクラ行為が疑われるような悪質な出会い系サイトはもちろんのこと、たとえ優良とされる出会い系サイトにおいても様々な可能性を考えて、利用者個人に関する情報はできるだけ伏せておくようにしなければいけません。

これは実際に出会える人と知り合った場合でも守らなければならない点です。
なぜなら、出会い系サイトには未だ美人局やオヤジ狩りを目的とした悪質な利用者が存在し、実際に強盗に遭う被害が生じているためでもあります。

また、女性の場合は相手の男性が感情のもつれからストーカーになる場合もありますし、片方あるいは双方が既婚者である場合は周囲の家族を巻き込んだ事件にまで発展する可能性も決して低くはありません。

たとえば、出会った相手と結婚まで至るような関係にまで進展すれば話は別ですが、出会い系サイトでは往々にして恋愛関係というよりも単発的な関係に終わることが結果として多いのが実情なので、信頼できる相手だと思ったとしても、できるだけ住所や家族構成、本名などを教えるのは控えた方が無難です。

もし、そのことが原因で二人の関係が気まずいものになるということであれば、その時はこうした事情をしっかりと話した上で、相手にとっても自分が害をもたらすような存在になる可能性や危険性があるということをしっかりと理解してもらいましょう。

特に、日常での出会いの機会が減っている現代社会においては、出会い系サイトでの出会いでも貴重なものとして受け止められる部分があります。そのため、必要以上に出会った相手に対して執着を抱く人も少なくありません。そうしたことを考慮に入れながら個人の重要な情報に関しては取り扱うようにしましょう。