SNSを使う既婚者男性はほとんどの場合が純粋な交流を目当てとしていて出会いを期待する人は少ないです。SNSを出会い系サイト代わりに使うのは、会える可能性という意味で難しいので交流のみで留まっている人が多いと考えられます。

一時期爆発的なブームとなったmixiに始まり、最近ではFacebookやLINE、Twitterをはじめ様々なSNSがネット上に登場し多くの人が使うようになってきました。既婚の男性ももちろん例外ではありません。この記事ではSNSを使っている男性既婚者の心理について、このサイトのテーマでもある『出会い』との関連も含めて解説します。

出会いを期待しているわけではない大多数のユーザー

SNSを使っているほとんどの既婚男性は、新たな出会いを期待してSNS活動をしているわけではありません。たとえば、SNS上で新たな女性と知り合い親密な交際をするということを目的にしている人は既婚の男性ユーザー全体から見ればわずかな割合しかいないと考えて差し支えないでしょう。

ほとんどの人は、同窓生や古い友人との交友をネット上で手軽に持つためにSNSを活用したり、ビジネス上の付き合いのある人との交流を深めるためにSNSを利用しているというのが実態です。

女性との新たな出会いに期待を抱いてSNSを使う男性

とはいえ、実名制のFacebookはともかく、mixiやTwitterなどの匿名でも利用できるSNSを使う既婚者男性の中には、“SNSをお金がかからない出会い系サイト”として利用する人も少なからずいるのは事実です。それを裏付けるように、友達関係にない異性と会おうとすることが禁止されるようになるまではmixiは半ば出会い系サイト同然のような使われ方をしていましたし、男性も女性も出会い系を使うことには抵抗を感じていながならなんとなくの安心感からSNSを出会い系の代用サービスとして使っている人が多かったです。当然、その中には既婚の男性ユーザーも含まれていました。

こうしたことから既婚の男性、同級生や昔の彼女だけに留まらず見知らぬ女性との新たな出会いを見つけるということが隠れた目的として持っていたとしても不思議ではないと言えるでしょう。

出会い系の代用としてのSNSの価値

とはいえ、SNSは基本的にネット上の交流を中心としたものなので特に女性の大半はリアルで男性と会うということは考えていない人の方が圧倒的に多いという特徴があります。女性と出会おうとする男性は“出会い厨”として嫌われる傾向が強いので、実際問題としてSNSを出会い系サイトの代用サービスとして利用することには難しさがあります。

そういった意味では、やはりSNSを使う既婚者男性は、新たな出会いを期待しているかもしれないけれどもそれを叶えるのは少々難しく実現できている人は少ないのではないかと考えられます。