出会い系サイトでは、会いたい願望を全面に押し出すよりもリラックスして遊び半分で使う方がかえってうまくいきます。

出会い系サイトでは、出会いたいと熱望すればするほど出会えないことが多いというのは、多くの人が感じている真実ではないでしょうか?

周囲にいる人を見まわしてみましょう。

結婚願望の強い30代独身の女性、彼女が欲しくてたまらない20代の男性、ガツガツ男などそういう人が周りに一人や二人はいるはずです。その人たちはそれぞれの願望を実現させているでしょうか?

おそらく、ほとんどの人が自分の願望とは裏腹に、その正反対の状況に甘んじているのではないでしょうか?

不思議なことに、強い願望を持てば持つほど実現するのではなく、その反対のことが身に降りかかってくるようです。

これはリアルな世界からバーチャルな場である出会い系に身を置いて相手を探す場合も変わりません。

反対の立場になってみましょう。
そうした人たちからアプローチを受けて、あなたはそれに応えたいと思うでしょうか?
ほとんどの人は、敬遠する側に回るはずです。

それよりも、どことなく自然な感じがする、リラックスした雰囲気を感じられる人との方が楽しそうに感じます。

もし、なかなか婚活が成功しない、出会い系で理想の人と会えないという人がいたら、このことを思い出してみましょう。

『自分があなたのアプローチ相手だったとしたらどう感じるか?』

出会い系をはじめ、ネットのコミュニティを使っている時は、自分一人の世界に入り込みがちです。その時は意識していなくても、自分の願望が全面に出て、メールの文章やレスポンスの早さをはじめとする態度に表れるものです。

願望はひとまず横に置いておいて、どうでもいいというぐらいのテンションの方が出会える確率はグンと高くなります。