出会い系を利用する男性の目的に多い「大人の関係」での出会いで女性と出会うときには、注意しなければいけないことがあります。それは、「大人の出会い・関係」と言っても人によって意味や捉え方が違うのでお互いの目的が一致しない場合があるということです。

そもそも「大人の出会い・関係」とは?

出会い系で出会う相手を探すときに使われることが多い「大人の関係」という言葉ですが、その意味は使う人によって意味が違う場合があるなど曖昧な意味合いで使われることが多いです。出会い系の利用シーンなどで使われる「大人の関係」とは、主に次のようなことを意味します。

  • 単純に「大人同士の関係」という意味
  • セフレや割り切った関係など「体だけの関係」という意味
  • お金と引き換えに体の関係を結ぶ「援助交際」という意味
  • 長期のサポート関係を結ぶ「愛人契約」という意味

このように、「大人の関係」という言葉には、様々な意味合いを含むことが分かります。一言で「大人の関係」と言ってもその真意にはこれだけの幅があるので、出会い系では漠然と「大人の関係」希望とプロフィールなどに書いても、それを読む人にとって受け取る意味が全然違ってくるということになります。

さらに興味深いことに、「大人の関係」を真面目な付き合いという意味で使う人もいるようです。一般的には、「大人の関係」といえば、どちらかと言えばセフレなどのアダルトな関係を連想してしまいますが、それとは正反対の意味合いで使う人もいるということなのです。この点については、「出会い系サイト無料ガイド」さんの以下の記事で実体験を元に解説されているので参考にしてみてください。

※参考リンク
https://www.theeverything.info/adult-relation-meaning/

つまり、出会い系で出会える相手を探すときは、単に「大人の出会い・関係で会える人を探しています。」と書き込みをするのではなく、もう少し具体的にとういう関係になりたいのかを明確に書き込むことが大切であるということです。

真面目な関係で出会いたいというのであれば、そのことを分かりやすい言葉で書くべきですし、肉体関係を伴う割り切った関係で出会える人を探すのであれば、セフレ募集などように誰もが一目で分かる言葉を使って書き込みをすべきです。そうしないと、せっかくメールのやり取りが始まっていざ待ち合わせをしようという段になって、互いの目的が全然違ったという事態にもなりかねません。

「援デリ」や「個人売春」の女性に釣られる危険性もある

ハッピーメールやPCMAXなどの大人の出会いができる出会い系には、数多くの女性登録者がいますが、その中には「援デリ」や「個人売春」の女性がかなりの割合で含まれています。アダルト掲示板に男性募集の書き込みを投稿している女性や、プロフィールの「希望する相手」などの欄に「セックスフレンド探し」や「大人の交際」と記入している女性は、ほぼ全員が「援デリ」や「個人売春」の女性と言っても決して言い過ぎではありません。

本当に出会えるようになっている出会い系は、本当に出会える仕組みとなっているがために、悪質な業者などに悪用されていまいがちなのです。それを裏付けるように、実際に大量の「援デリ」や「個人売春」の女性が登録していることが確認できます。

売春は、違法行為なのでそういった女性とは決して出会えってはいけないことは言うまでもありませんが、注意したいのは、これらの女性のほとんどが「大人の関係・交際希望」というプロフィールコメントや募集投稿を書き込みしていることです。

つまり、出会い系で「大人の関係」で出会おうとすることには、これらの悪質な業者・女性に釣られてしまう危険性があるということです。これらの女性に釣られないためにも「大人の関係」という曖昧な言葉ではなく、より明確な言葉で相手を探すことが大切ですし、「大人の関係・交際希望」という曖昧な言葉ではなく、より明確な言葉をプロフィールコメントや掲示板に書き込んでいる相手を優先して探すことが大切です。