たとえサクラがいなくて出会える出会い系サイトでも、メールの内容を雑なものにしてしまうと相手からの評価を得られずに出会えなくなってしまうので注意が必要です。きちんと相手のことや気持ちに配慮した内容のメールにすることを心掛けましょう。

出会い系サイトでのメール交換時における注意点を解説します。
主に、知り合いたての頃に関する内容です。

出会える確率が低くなるメールのタイプ

最近の出会える出会い系サイトには、サイト内でポイントを利用して電話による通話ができる機能が備わっている場合もありますが、ポイントの利用金額も高めに設定されているのであまり利用する人はいません。

やはり、基本的にはメールが相手の人との連絡手段としての唯一の手段となります。この、メールに関して気配りを疎かにすると出会えるものの出会えなくなってしまうので注意しましょう。

例を挙げるならば、ファーストメールにも関わらず、長文のメールで自己アピールを延々と書くのはよくありません。相手に嫌がられる可能性が非常に高いですし、それだけでなく、メール自体読んでもらえないという可能性もあります。

かといって、最近の若いツンデレ女性がするような一言、二言の短文メールがいいかと言うとそうではないので気をつけてください。あまりにも短い内容のメールはとっつきにくい印象を与えるだけでなく、出会う気がないという評価をされる可能性があります。

また、念のため記しておくと何人もの人に同じ内容のメールを送るコピペメールは論外なので用いないようにしましょう。たしかに出会い系を使っていると、気になる人が見つかる度にその人に合わせたメールを作成するというのは、かなり労力を使うことですので、ついあらかじめひな形を用意しておき少しだけ変更を加えてコピペメールを送ってしまいたくなりますが、相手には気持ちが伝わらないので出会うことが難しくなります。

相手についてきちんと配慮し、理解しているということが伝わるようなメールを送信するようにしましょう。

メールの内容に関する注意点

ファーストメールを送信して返信がもらえたとしても油断してはいけません。

二回目以降のメール交換においても気をつけるべき点はあります。

例を挙げると、
自分の自慢ばかりしたり、自分のことばかり書いて、相手について何にも触れていないようなメールでは高く評価されません。自分の知ってもらって早くメールアドレスの交換なり、実際に出会うなり事を進めたい気持ちは分からなくはありませんが、こういった内容のメールを送ってもかえって相手からの評価が下がり出会えなくなるだけです。

同様に、相手を質問攻めにするような内容のメールもダメです。これも、相手の人を会話の中心に置いているように見えるだけで実際には、自分の好みのチェックをしているだけで自己中心的な行為に過ぎません。

また、求められてもいないのに、自分の写メを添付して送信するのもあまり評価されません。自分に自信があればなおさら相手に不快感を与えることになるので嫌がられることの方が多いです。

それに、一方的に写メ画像を送信するのは、相手に対して同じように写メを送信するよう暗にほのめかすようなものなので不快な感情を与える可能性があります。それよりも、「もしよかったら写メを送ってください。」とハッキリと言葉で伝えた方が評価を下げずに済みます。