サクラがいない出会い系サイトにおいてはメールアドレスが外部に流出する危険性はほとんどなく安全に利用することができますが、メールアドレスを収集して迷惑メールの送信先として悪用することを目的とした悪徳業者が利用者に成りすましている場合があるのでメアド交換に際しては相手を適切に評価することが大切です。

出会い系サイトをすでに使用したことがある人の中には、迷惑メールを受け取ったことがある人が多いかもしれません。そうした迷惑メールは大抵サクラ詐欺サイトを利用したことをきっかけに送られてくるものです。サクラ詐欺サイトに登録してしまうと、登録に使用したメールアドレスが外部に違法に転売されて迷惑メールの送信先として扱われることになるのです。

サクラがいないサイトではメアドが転売されることはない

ですが、このサイトで評価しているようなサクラがいない出会い系に関しては、登録したメールアドレスが外部に転売されるというようなことは一切ありません。つまり、外に漏れる心配がないのです。ポイント制のサイトなどでは、携帯のメールアドレスを登録する必要がある場合がありますが、外部に漏れることがないので安心して登録することができます。携帯アドレスを登録することを躊躇する人のほとんどが、メールアドレスの外部への流出とそれに伴う迷惑メールの受信に関して大きな懸念を抱いていることでしょうが、その心配はする必要がないということを理解しておきましょう。

サクラがいない出会い系で注意事項

とはいえ、サクラがいない出会い系サイトを全面的に信頼して誰彼構わずメールアドレスを教えていると、稀に迷惑メールが送られてくるようになる場合があるので注意が必要です。

これは、サイト側の問題によるメールアドレスの流出が原因ではありません。
サイトに利用者として成りすまして登録しているサクラサイトの業者によるものなのです。利用者を装って男性・女性問わずメール交換します。そして、メールアドレスを教えるように促すのです。そうして収集したアドレスを迷惑メールの送信先として悪用するわけです。しかも、利用していたサイトの名前などを無断で使用し、メールを送ったりする場合もあるので危険性が高いのです。メールの内容は、ポイントの清算を求めてきたり、サイトの閉鎖をほのめかし別サイトへと登録させようとするものなどが主流です。

こういったリスクが存在するため、メールアドレスを相手に教える場合には、たとえサクラがいなくて安全性が高い出会い系といえども相手のことを慎重に評価することが必要です。このページでも解説している通り、特に登録したてで送られてくる女性のメールには気をつけるようにしましょう。

サクラ被害に遭うリスクはなくても迷惑メールの被害に遭う危険性があるということを理解した上で適切にサイトを利用することが大切です。