ハッピーメールやPCMAXで「ホテル代と別に2万」などお金を要求する女性とあってもいい?出会い系や、paters(ペイターズ)、paddy67といったパパ活専用のマッチングアプリに女性として登録している援デリ業者の実態と危険性、見分け方などについて解説しています。

援デリ業者とは?

援デリ業者とは、援助交際を装って金銭での割り切りをもちかけ、女性を派遣し売春させる業者のことです。出会い系においては、単に「業者」と言われることも多いです。

援デリ業者は、客となる男性を捕まえるために出会い系やマッチングアプリを使うことが多く、本当に出会えるようになっているサイトやアプリには必ずと言っていいほど、援デリ業者が浸透しているのが実態です。

具体的には、出会い系で最も登録者数が多いとされるハッピーメールPCMAXYYC(ワイワイシー)などの有名なサイト(アプリ)をはじめ、paters(ペイターズ)やpaddy67などのパパ活専用のマッチングアプリにも業者は女性になりすまして登録しています。

出会い系に援デリ業者が多い理由

出会い系に、援デリ業者が多い理由は、次の通りです。

  1. 出会い系には金銭での割り切り目的の男性が少なからずいる
  2. 悪用されている側のサイトやアプリの運営側が業者の排除に消極的

出会い系には金銭での割り切り目的の男性が少なからずいる

出会い系やパパ活専用のマッチングアプリには、お金を払ってでも手っ取り早くセックスをさせてくれる女性を求める男性が少なからずいることが、援デリ業者がのさばってしまっている最大の要因です。

セフレや不倫パートナーの募集など大人の関係で女性と出会うことが目的の男性が多いだけでなく、金銭での割り切りにも積極的な男性が登録していることで、援デリ業者にとって客を捕まえやすい絶好の客引きの場となってしまっているのです。

悪用されている側のサイトやアプリの運営側が業者の排除に消極的

問題は、援デリ業者に悪用されている側のサイトやアプリ運営側にもあります。

運営側にとっては、男性登録者が女性登録者に対して数多くメールを送信してくれた方が得られる収益が多くなるので、女性会員の水増し要員として援デリ業者がいてくれた方が好都合な側面があります。

援デリ業者を徹底的に排除してしまうと、男性利用者が女性へのメール送信によって消費するポイント料金が減る可能性が高いので、業者を減らしたいと考えていたとしても取り締まりや排除には消極的になってしまうという構造的な問題があるのです。

援デリの女性と逢う危険性、逢ってはいけない理由

援デリ業者と逢う男性の中には、一般的な合法なデリヘルと同じような感覚で気軽に業者の誘いに応じる人も多いですが、実際にはまったく違います。

  1. プロフ写真とはまったく違う別人が来る
  2. お金を騙し取られたり美人局に遭う危険性がある
  3. 性病をうつされる危険性がある

プロフ写真とはまったく違う別人が来る

援デリ業者が出会い系やパパ活アプリに登録している女性のプロフィールはすべてデタラメで、待ち合わせ場所に派遣する女性本人のものではありません。

プロフィール写真が載せられていたとしても、無料出会いアプリやSNSなどで不正に収集した拾い画で、写真に写っている本人がサイトやアプリを使っているわけでもないですし、待ち合わせ場所に派遣されてくるわけでもありません。

それどころか、援デリ業者が待ち合わせ場所に派遣するのは、プロフ写真とは正反対の酷い女性(顔がドブス、体型がぽっちゃりを通り越したデブ、メンヘラなど)であることがほとんどです。

つまり、お金を払って会ったとしても、とてもセックスをする気にすらならないような女性としか会えない可能性が高いです。

お金を騙し取られたり美人局に遭う危険性がある

援デリ業者は、会う前のメールのやり取りでは、

「2人でゆっくりホテルデートを楽しみたい」

「たくさんイチャイチャしましょう」

などと甘い誘惑の言葉を送ってくることが多いですが、実際には会ってホテルに入って30分でことを済ませて出ていくなど、お金を払う価値などいっさいない酷い体験しかできません。

酷い場合は、シャワーを浴びている間に財布やお金を盗んで立ち去るというケースもありますし、ときには、ホテルに入った後に、強面の男性が押しかけてきて、事前に要求していた額以上のお金を脅し取られるなどの美人局に遭う場合もあります。

性病をうつされる危険性がある

援デリ業者が派遣する女性と性行為に及ぶことには、性病をうつされるリスクがかなりあります。

援デリの女性は一日に何人もの男性と関係を持っていることも多いですし、まともな風俗店の女性とは異なり、性病検査などを受けさせてもらっていないケースがほとんどなので性病にかかっている人も多いです。

こうした理由から、出会い系で援デリの女性と出会うのは絶対に避けるべきなのです。

援デリ業者の特徴と見分け方

援デリ業者を見分けるのは実はとても簡単です。

  • 会う時に「ホテル代と別に2万」など、必ずお金を要求する
  • 食事や飲みの誘いには応じず、すぐにホテルに行きたがる

この二つに該当する女性は、ほぼほぼ援デリ業者だと考えて間違いありません。業者ではなく一般の女性だとしても、個人で割り切りを繰り返しているセミプロの女性なので、援デリの女性と会う場合と同じような体験しかできません。

また、ネット上には“援デリ業者は待ち合わせ場所を一方的に指定する”という解説を見かけることも多いですが、最近の業者は、援デリと見破られないために待ち合わせ場所の変更や移動に応じるケースもあるので注意が必要です。

それよりも、ホテルに行く前にゆっくりとお茶や食事、飲みなどに付き合ってくれるかという点から見分けるのが確実です。

※参考記事
もう騙されない!援デリを確実に見分ける鉄則とは?
出会い系で「ホ別2」「最初だけ2万」などお金を要求する女性の正体とは?

出会い系体験談を綴っている一部のブログでは、援デリの女性と会っていい思いができた(見た目のいい女性、可愛い女の子が来て楽しくセックスできたなど)という内容の体験談を紹介している場合がありますが、それは絶対にウソなので騙されないよう気をつけてください。ブログを読んだ読者を宣伝している出会い系に登録させるために、ねつ造された体験談である可能性が高いです。体験談と共に、ハメ撮り画像や動画が載せてあったとしても信用できません。

援デリは人気の出会い系、パパ活アプリには必ずいますが、幸いなことに、ワクワクメールのように業者を今後徹底的に排除していくことを目指している良心的なサイトやアプリも少しずつ出てきています。

僕ら男性利用者も、援デリにひっかからなければ業者も自然と減っていくことが予想されますし、援デリ業者の派遣する女性と出会っても何一つ良いことはないので、絶対に釣られないようにしましょう。