出会い系で競争相手に勝って出会うためにはメールの書き方でも触れた通り、相手への心配りなどが大変重要ですが、それにプラスアルファをするのであれば、口説き方にも工夫をしましょう。 “単に褒める”はダメ みなさんは上手に口説こ…

出会い系で競争相手に勝って出会うためにはメールの書き方でも触れた通り、相手への心配りなどが大変重要ですが、それにプラスアルファをするのであれば、口説き方にも工夫をしましょう。

“単に褒める”はダメ

みなさんは上手に口説こうと考えた場合どう口説こうとするでしょうか?多くの人がまず、相手を褒めることを考えたのではないでしょうか?それはまったく間違っていませんが、決して十分とは言えません。なぜなら、多くの人が褒めるということを思いつくわけですから競争相手との差が生じにくいからです。

褒めるときは相手の個性を具体的に

人によって外見も中身も特徴が違います。それぞれに、独自の個性が必ずあります。褒める際はぼんやりと大まかに褒めるのではなくて、相手の個性に注目して褒めることが重要です。なぜなら、相手に対して「ちゃんと見てくれてる・考えてくれてる」と思ってもらえるからです。大まかに褒めるだけでは、それは決して伝わりません。

誰もが褒める点を褒めない

例えば美人の人に「キレイですね」と言ったらどうでしょうか?もちろん、悪くは思いませんね。しかし、褒められた相手は心躍るほど嬉しいかと言われればそうではないかもしれません。普段から褒められ慣れている点を改めて言われても感動は生まれにくいからです。そうした場合は、一番の長所と共に、相手の外見や内面をしっかり理解しないと分からない点を褒めるとより効果的です。例えば、「キレイなのはもちんだけど、雰囲気が上品で素敵ですね」というような言い方をした方が断然効果的ではないでしょうか?

時には相手のコンプレックスであろう点すら褒める

例えば、あなたが口説こうとしている人が女性だとします。女性はどんな人でも自分に対して満足していない部分やひとによってはコンプレックスになっている部分があります。周りから見ればまったく気にならない点も本人だけが気にいしている部分があるものです。時には、相手のそうした点すら褒めるのもひとつの方法です。指摘されて嫌な気分にならないように優しく褒めてあげると「そんなことないです」とは言いながらも人間、内心では自信を少し持てるものですよね。そうしたことが相手に好印象を与える要素になってきます。

口説き上手≠キザ

口説き上手になるということは、キザでクサい台詞で口説くことを意味しているわけではありません。口説くというフレーズだけ耳にするとついつい肩に力が入って、キザなセリフのひとつでも…と思いがちですが、実際にはそんなことは気にする必要はありません。口説き上手になるということは、極論を言えば相手の立場になって考えて話すことができるということです。それにほんのちょっと楽しさがあれば最高でしょう。女性を口説くためのマニュアル本まで売られていますが、そうしたノウハウの丸コピーでは相手には伝わりません。自分らしさを保ちつつ、ほどよく肩の力が抜けていて丁寧で優しい接し方を心掛けるだけでも充分に口説き上手になることができます。