LINE 誘導業者(メアド回収業者)にアドレスを教えたり、ラインをするとどんな危険がある?サクラがいない出会える出会い系に女性として登録している LINE 誘導業者(メアド回収業者)に釣られてしまった場合の対処法や騙されないための対策について解説しています。

誘導業者やアドレス回収業者とは?

おすすめ出会い系サイトの比較ランキングで評価している出会い系には、サクラこそいないものの男性を騙そうとする悪質な業者が女性利用者になりすまして登録している場合があります。そのひとつが男性に出会えると思わせてメールアドレスを送信させ、サクラサイトの広告メールを送りつける送信先として悪用するアドレス回収業者と言われる存在です。

アドレス回収業者は、別名「LINE 誘導業者」とも呼ばれ、LINE ID を教える体で男性に LINE ID を送りつけラインをさせ、ラインのやり取りを通じてサクラ詐欺の出会い系へと誘導する場合もあります。

アドレスを教えたり直接連絡するとどうなる?

アドレス回収業者にメールアドレスを教えてしまったり、LINE 誘導の業者が送ってきた LINE ID を検索してラインで繋がってしまうと、後々そのアドレスやライン宛にサクラ行為を行っている悪質な出会い系からの広告メールが大量に送られてきます。広告メールは、一般的にはPCアドレスから送られてくることが多いですが、時には携帯のメールアドレスからピンポイントで送信されることもあります。

業者とラインで繋がった場合は、はじめは普通の女性とのライン交換のような会話が続きますが、しばらくすると、SNS やプロフサイト、専用のメッセンジャーなどと称してサクラ詐欺の悪徳出会い系サイトやサクラ出会いアプリのダウンロードを勧められたりします。

ラインの場合は相手が業者と分かった時点でブロックしてしまえば済みますが、アドレスを知られてしまった場合は、半永久的にそのアドレス宛てにサクラ出会い系の広告メールやサクラメールが送られてくることになってしまいます。

誘導業者やアドレス回収業者に釣られないためには?

アドレス回収業者にメールアドレスを教えてしまった場合や LINE 誘導業者と知らずにラインでつながってしまった場合は、焦りや不安を感じるものですが、結論から言えばさほど心配する必要はありません。メールアドレスを悪徳業者に知られたとしても直接的に不正課金されたりするわけではないので実害が発生することはほとんどないです。たとえ広告メールが送られてきたとしても、それを開かずに捨てれば問題ないですし、広告メールの危険性については多くのインターネットユーザーがすでにしっかりと認識していることなので被害が及ぶことはほとんどありません。

ただ、広告メールが大量に送られてくること自体は非常に鬱陶しくもあり、その都度削除するのも面倒なので、できる対策はきちんとしておきましょう。

フリーメールのアドレスやPCのメールソフトなどに広告メールが送られてくる場合は、セキュリティソフトの機能によって自動的に「迷惑メールフォルダ」に分類されることが多いので特に対策を講じる必要はありませんが、携帯アドレスの場合は、各キャリアの受信設定変更メニューから迷惑メールが携帯に届かないように設定しておくと安心です。

そして、ラインで繋がってしまった場合は、相手の女性が何らかのサイトに登録するよう持ちかけてきたり、アプリをインストールするよう言ってきたらすぐにブロックすれば被害に遭うことはありませんので安心してください。

恥ずかしながらワタクシもこれまで何度も誘導業者に騙されたことがあります。相手の女性に紹介されて「プロフサイトからメールを送ってほしい」言う言葉を真に受けて登録してみたらサクラ詐欺の出会い系だったり……やり取りするのに便利だからということで専用のメッセンジャーアプリをインストールしてみたら、サクラ詐欺の出会いアプリだったり……。出会い系では簡単にアドレスや LINE 交換ができる女性は業者の可能性が高いので注意しましょう。特に、女性側から聞いてもいないのでアドレスや LINE ID を教えてくる場合は業者の可能性が高いと思っておいた方がいいです。

幸いにも最近の優良出会い系では、誘導業者(アドレス回収業者)に対する取締が厳しくなっているので、騙される危険性は以前より大幅に低くなっていますが、それでもたまに遭遇する場合があるので注意しましょう。

また、誘導業者に釣られた結果、広告メールが大量に届くようになったという人の中には、ワクワクメールやハッピーメール、PCMAX などの出会い系の運営業者がアドレスを流出させたと誤解する人もいますが、そういったことは優良な出会い系では一切ないので安心してください。優良出会い系では個人情報が流出することは基本的にありません。