出会い系を18歳未満の児童が利用することは法律によって禁止されているので利用すると摘発対象となります。よく援助交際をしなければデートに誘ってもいいと理解している人がいますが、それは誤った理解であり双方が摘発の対象となります。出会い系サイトでは、いかなる形態でも18歳未満の未成年者を誘う行為は禁止されています。

巷を騒がせる出会い系絡みのニュースを日々ウォッチしていると、今でも18歳未満の未成年者が出会い系を利用し援助交際をするなどして警察に摘発されたという事件がちょくちょく見かけられます。

18歳未満の未成年者は出会い系を使ってはいけない

このサイトの利用者の方であればもう十分ご存じの通りで、出会い系サイトを18歳未満の児童が利用することは法律によって禁止されています。ですので、もし仮に18歳未満の児童が出会い系を使った場合は、摘発の対象となるわけです。それと同時に、その相手となった利用者に関しても児童誘因が理由で摘発されることになります。

18歳未満の未成年者の出会い系利用について誤解している人が多い

18歳未満未満の児童と出会い系を通じて会うだけでは問題にならないと考えている利用者が少なからずいますが、それは大きな誤りです。援助交際だけが摘発の対象となると理解している人が多く、金銭の代わりにプレゼントを買ってあげるのは問題ないとか、デートするだけなら問題ないと考えている人がいますが、それらも含めて児童誘因に該当するので決してやってはいけない行為なのです。

要は、とにかく相手が18歳未満の利用者であると知りながら出会い系を通じて知り合い、会おうと誘うこと自体がアウトだということです。

どこのサイトかは言いませんが、web上でもメジャーなQ&Aサイトにおいてですら、そういった間違った知識に基づいて質問者に誤った答えを教えている人が数多くいるので、この点に関しては今一度しっかりと理解しておくようにしましょう。こういったことは、実際に摘発されてからではどうしようもないことですし、摘発されることによって失うものの大きさを考えれば、出会い系の利用者全員がきちんと理解しておかなければならないことです。ぜひ気をつけるようにしましょう。

18歳以上であれば未成年者でも出会い系を使える

そして、もうひとつ未成年者に関して補足をしておくと、未成年者すべてが出会い系を利用してはいけないというわけではありません。同じ未成年者でも18歳以上であれば出会い系を利用することに関して特に法律によって制限されるということもありませんし、18歳以上であれば未成年者に対して会おうと誘うこともまったく問題とはならないので安心してください。


このように規制法律が絡む問題に関してはちょっとした誤解でも結果として大きな違いを生むことになりますので、充分気をつけるようにしてください。身の破滅を招くような予想外の事態に陥らないためにも正しい知識を身につけておくことが大切です。