出会い系で出会える女性はメールの頻度がそこまで高くないという傾向があります。反対に、メールの頻度が高い女性については、キャッシュバッカーなどの出会えない女性である可能性が高いので騙されないようにしましょう。

出会い系で出会える女性とそうでない女性を見極めるのは決して簡単なことではありませんが、そのひとつの有力な手掛かりになるのが女性のメール頻度です。

サクラ出会い系では『メール頻度が高い女性=サクラ』

これまで出会い系の中で猛威を振るっていたサクラ出会い系における傾向についておさらいしておくと、サクラサイトにおいてメールの頻度が高い女性は、ほぼ間違いなくサクラと評価することができました。メールレディと呼ばれる出会い系のサクラはたくさんのメールを受信すればするだけ、言い換えると男性にメールをたくさん送信させればさせるだけ儲けの効率がよくなるので、男性が送ったメールに対するレスポンスが非常によく日に何度もメールをしてくるという特徴があります。

サクラなしの出会い系では『メール頻度が高い女性=キャッシュバッカー』

では、このサイトで評価対象としているようなサクラがいない出会い系に関してはどうかというと、メールレディがいないということからメール頻度が高い女性をサクラと評価することはできません。ですが、それがすなわち出会える女性であるかというとそれも違うのです。

サクラがいない出会い系にはサクラこそいませんが、男性を騙してポイント稼ぎを行いそれをお金や商品に換えるキャッシュバッカーと呼ばれる女性利用者がいます。この悪質な女性利用者がサクラに代わって暗躍しているのがサクラがいない出会い系の実態で、彼女らも男性からのメールを受信すればするほどより多くのポイントを稼ぐことができることから、非常にメール頻度が高いという特徴があります。

普通の“出会える女性”は頻繁にメールしない・できない

それに対し、普通に出会うことを目的として出会い系に登録しているいわゆる“出会える女性”は、サクラやキャッシュバッカーのように高い頻度でメールをすることはまずありません。

というよりも、より正確に表現すると、頻繁にメールすることができないのです。普通の女性はたとえ、主婦であろうと家事手伝いの女性であろうと、何かしらの作業や仕事をしているものです。ですから、メールの送受信を専門にしているサクラやキャッシュバッカーのように一日の大半をメールの送受信に費やすということはできないわけです。

したがって、出会える女性は決してメールの頻度が高くありませんし、むしろメールの送受信にタイムラグが生じるのが普通です。

出会い系を利用して女性と出会う場合には、この点を意識しながら女性を選ぶようにするのが、効率よく出会うためのポイントとなります。