出会い系サイトや出会いアプリは膨大な数がありますが、その中で本当に出会えるのはごく一部のポイント制のサイトやアプリ、そして月々定額で使える真面目系・婚活系の出会い系などに限られます。それ以外のほとんどの出会い系はサクラしかいないかそもそも出会えないようになっている悪質なものばかりです。

会える出会い系って本当にあるの?

出会い系に登録したことがない人や、サクラ詐欺の悪徳出会い系に騙され続けてきた人にとっては、「出会い系ってそもそも本当に出会えるものなの?」という疑問を抱かざるをえないかもしれません。

ですが、安心してください。

本当に出会える系の優良な出会い系サイト、出会いアプリはちゃんとあります。

存在しているあらゆる出会い系の内、99%以上を占めるのはサクラ詐欺の出会えない系の悪質出会い系やそもそも会える機能がない無料出会い系などで、1%にも満たない割合でしかありませんが、本当に会える出会い系は確実に存在しています。

会える出会い系を見極めるポイントとは?

では、サクラ出会い系サイトやサクラ出会いアプリがそのほとんどを占める中で、ごくわずかな割合しか存在していない本当に会える出会い系をどうやって見分けるのか?

そのポイントは発想を逆転させるととても簡単になります。

幸か不幸か、本当に会える系の優良出会い系は、全体に占める割合が低いこともさることながら、その絶対数自体もとても少ないので、本当に会える系の出会い系の名前を憶えておけばいいだけなのです。それに含まれない出会い系はすべてサクラ詐欺の悪徳出会い系の可能性が高いという基準で見分ければ、危険な出会い系とおすすめの出会い系はとても簡単に見分けることができます。

会える出会い系と会えない出会い系の違いについて、それぞれの料金体系から説明すると、

会える出会い系
男性はメール送信1回につき50円程度のポイント代がかかる、女性は無料
会えない出会い系
男性はメール送信1回あたり250円前後のポイント代がかかる、女性は基本無料であるもののまれに男性ど同額のポイント代がかかる出会い系もある。

このように、会えない出会い系ほどなぜかポイント代が高く、会える出会い系ほどポイント代が安い設定になっているという特徴があります。

また、完全無料出会い系は、有料の会えない系のポイント制出会い系にユーザーを送り込むためだけに存在しているサイト、アプリなので実質同じで絶対出会えないです。

一部の優良な出会い系以外は基本全部出会えない

メール送信にかかるポイント料金が1回あたり250円前後かかる出会い系を会えない出会い系として完全に見切っていいのか?そういった出会い系で会える可能性は本当にゼロなのか?ということが気になる人もいることでしょう。

それらの出会い系の公式サイトやApp Storeなどの紹介ページを見ると、会えそうな気がしてきますし、サクラがいるとしても会える可能性もゼロではないのではないか?と希望を見出そうとする人もいるかもしれません。

ですが、優良な出会える系の出会い系に比べて高額なポイント料金設定になっている会えない系の出会い系では、男女問わず一般のユーザー同士が出会うのは、残念ながら不可能なのです。

その根拠は明確です。会えない系の悪質な出会い系には、そもそも一般ユーザー同士が出会えるようにはなっていないのです。メールのやり取りをすることはもちろん、お互いを発見することすらもできないようになっている場合がほとんどです。

つまり、会えない系の出会い系サイトや出会いアプリでは、一般の会える人を探すことは決してできず、サクラとしかメールのやり取りをすることはできないのです。仮にLINE IDを教えてもらうことができたとしてもそれはあらかじめ運営側が用意したサクラ用のIDか、実在しないIDです。会える可能性があるかのように勘違いさせて使い続けるよう仕向けるための、運営側の意図的な策略に過ぎません。

どんなに魅力的で会えるかのように喧伝されている出会い系でも、ランキングで比較しているおすすめ出会い系以外は、基本的にサクラ詐欺被害に遭うだけで絶対に出会えないので決して手を出さないようにしましょう。

サクラ詐欺の出会い系には、既婚者や我々中高年のオヤジ世代を詐欺のカモとして狙う悪質なサイトやアプリが数多く存在しています。人妻熟女専門の出会い系などはその最たる例のひとつです。欲に駆られたオヤジをさらに刺激するような露出度の高いエロ画像や宣伝文句で引き込もうとするサイトやアプリなどがそうです。

また、最近ではそういったアダルト系の出会い系以外にも中高年や既婚者を狙う悪質なサイトやアプリが増えてきています。昨今、需要が旺盛になってきた中高年世代同士でのメル友募集や恋人募集専用を謳う、どちらかといえば真面目系の出会い系サイトや出会いアプリなどです。さらに、50代~60代など、これまでは比較的利用者が少ないと考えられてきたシニア世代にまでサクラの魔の手は忍び寄りつつあります。

我々中高年世代のオヤジやシニア世代の人たちは、どうしても同世代同士の方が話が合ったり、出会いやすいことからそういった“中高年・既婚者、シニア限定の出会い系”に手を出したくなるものですが、それこそがサクラ出会い系の悪徳業者の狙いなのでくれぐれもその手口に引っかからないよう注意しましょう。