出会い系サイトを利用する人の中には、18歳未満の未成年者との出会いを求める人がいますが、そういった行為は法律により明確に禁止されることが規定されています。援助交際など犯罪行為に加担しないためにもしっかりとした倫理観を持ち、理性的な価値判断に基づく行動が求められます。

出会い系サイトの利用者の中には、犯罪行為であるにも関わらず、未だに18歳未満の未成年者との出会いを求める大人の男性が少なくありません。というのも、このサイトを訪れる人が検索に用いる言葉を調査していると、そういった傾向が見られるからです。

ですが、言うまでもなく18歳未満の未成年者と出会うことは出会い系サイトにおいては法律に違反する行為です。

『インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律』通称:出会い系サイト規制法では、そのことを第二章において以下の通り明確に規定しています。

何人も、インターネット異性紹介事業を利用して、次に掲げる行為(以下「禁止誘引行為」という。)をしてはならない。

このことについて法律を引用しながら詳しく解説します。

児童を性交等の相手方となるように誘引すること。
この条文では、肉体関係やそれに準じる行為を目的に18未満の未成年者を誘うことを禁止しています。つまり、メールを送ったりすること自体が違反行為に該当するということです。
人を児童との性交等の相手方となるように誘引すること。
この条文では、自分以外の人に対して、18歳未満の未成年者と肉体関係やそれに準じる行為の相手となることを要求したり誘ったりしてはいけない規定しています。たとえば、18歳以上の大人の女性が、18歳未満の未成年者を紹介するという名目で男性を誘うことなどがそれに該当します。
対償を供与することを示して、児童を異性交際(性交等を除く)の相手方となるように誘引すること。
この条文では、援助交際に関する行為を禁止することが明記されています。たとえば、お金や金銭に代わるプレゼントなどと引き換えに18歳未満の未成年者を誘うことなどもこれに該当する違反行為となります。
対償を受けることを示して、人を児童との異性交際の相手方となるように誘引すること。
この条文では、18歳未満の未成年者が直接大人と交際の交渉をすること以外に、別の大人が交際を仲介することも違反にあたるということを規定しています。
前各号に掲げるもののほか、児童を異性交際の相手方となるように誘引し、又は人を児童との異性交際の相手方となるように誘引すること。
そして、上記事項に該当しないことでも、18歳未満の未成年者と出会おうとすること自体すべてが法律に違反する行為であることを規定しています。

このように、肉体関係を目的としていようといなかろうと、いかなる行為も禁止事項に該当するのです。それがたとえ、純粋な気持ちから真面目に交際相手として18歳未満の未成年者を捉えていたとしても、それらを含めすべてが出会い系サイトにおいては明確に違法行為に該当するということが定められています。

したがって、どんな言い訳も通用しません。
このことは、児童との出会いを望んでいる大人の方すべてに改めて考えてもらいたいことです。

この法律が施行された要因は、そうした大人たちが実際に児童を援助交際などに誘いだし、出会っていたということが社会問題化したためです。

人間は、動物としての本能も持ちあわせていますが、同時に本能や欲望ではなく理性にしたがい高い倫理観を持って冷静に物事を判断する知性も持ちあわせています。ですから、自分の身勝手な感情や欲求に従い18歳未満の未成年者との交際を求めるというのは愚の骨頂でしかありません。

これは法律があろうとなかろうと、そもそも社会を構成するひとりの大人として備えておかなければならない規範です。しかし、残念ながらこの規範や倫理観を身につけていない人が少なからずいます。そういう人たちにお願いしたいのは、改めてこれらの条文を今一度読み直し、自分の行おうとしている行為がどれだけ愚かで反社会的なものであるかということについてしっかりと考え直すということです。

当サイトでは、出会い系サイトを未成年者が利用することはもちろんのこと、18歳未満の児童との交際を望む大人の姿勢についても厳しく追及していく姿勢を貫きます。

そして、出会い系サイトやインターネットの世界、社会がより健全なものとなるように今後も情報発信を続けていきます。