出会える系の出会い系では、2通目のメールでメルアド交換することも十分可能です。そのための方法を解説しています。

これまでほとんどサクラばかりの出会い系をてっきり出会えるサイトであると信じ込んで騙されてきた人にとってはにわかには信じ難いことかもしれませんが、このサイトのランキングで評価している出会い系においては、簡単にメルアドを交換することもできるものです。

できる時は“できる”、できない時は“とことんできない”

サクラがいなくて出会うことができる、いわゆる出会える系と呼ばれる出会い系においてのメルアド交換事情についてまず抑えておきたいのは、メルアド交換できる時は“あっさりとできる”ものの、できない時は“とことんできない”というように両極端な場合が非常に多いということです。

出会い系の攻略法などを紹介するサイトにおいては、メールは最低10回ぐらい交換してからメルアド交換の話に持ち込むべきであるなどと言われることがありますが、実際はそんなことありません。できる時はできる、できない時はできないという至ってシンプルな現実があるだけなのです。

1・2通目でメルアド交換できるのが当たり前ではない

ですが、だからといって1・2通目でメルアド交換できるのが普通というわけではないということも同時に理解しておかないといけません。やはり、知らない人同士が出会うということになるわけですから、誰とでもごく簡単にメルアドが交換できるわけではないということを知っておきましょう。

通常、出会い系で最も多いパターンは、5回~10回程度の会話を重ねた上で自然な流れでメルアドを交換する、というものです。自己紹介や相手への質問と答えなどをし終えて「じゃあ、メルアドでも…」という流れでメルアドを交換するわけです。自己紹介も何もないままでいきなる「じゃあ、メルアドでも…」という風になる人はほとんどいませんのでこれが出会い系のスタンダードであると理解しておきましょう。これを勘違いしてしまうと、思わぬ苦戦を強いられることになるので注意が必要です。

裏ワザ-2・3回目のメールでメルアドを交換する方法

とはいえ、ポイント代が必要になる男性陣にとってはできるだけ早くメルアドをできるに越したことはないわけであります。そのためにできることはなくはありません。というのは、先ほどメルアド交換には5回~10回程度のメール交換が必要と言いましたが、それは必ずしもメールの回数がそれを満たさないといけないというわけではないのであります。

どういうことかと言いますと、自己紹介やお互いへの質問とか世間話をある程度し終えるのに普通にメールをする場合はどうしても5回~10回ぐらいかかるだろうということなんですね。

ですから、5回~10回程度の短めのメールでかかる会話をギュッと圧縮してしまえば別に極端な話、1回のメールで十分な量の会話を完了させてしまうこともできなくはないということです。そのためには、メールにぎっしりと自己紹介を詰め込むのもひとつの方法かもしれませんが、それだとさすがに「コイツおかしいんじゃないか??」といった疑念を相手に抱かせてしまうことになるのでおすすめはしません。

ポイントは、プロフィールや掲示板の投稿(書き込み)などをうまく組み合わせてできるだけ自然に見える形で自分のことや出会いの希望について相手に伝え切るということにあるのであります。

出会い系には、ポイント制のサイトでも無料で毎日1回書き込みができたりするお得な機能があったりしますし、プロフィールに関しては無論自由に何でも書き放題です。これらの機能を最大限生かして自己紹介や自分がどんな出会いをしたいかを書き込むわけです。その上でメールをする際に、できるだけ具体的に、そして相手の人が返信しやすいようなことを詳しく書くようにすると、1回目のメールではともかく2通のメールでメルアド交換に話を進めることは十分に可能になるのであります。

実際、わたくし自身もこういった方法を駆使してイククルハッピーメールといった出会い系で2通目のメールでメルアド交換することに成功しております。

そしてこれはまた無料で出会うということにもつながるのであります。