出会える系の出会い系サイトには愛人募集と偽って男性を騙すキャッシュバッカーの女性がいるので要注意です。愛人募集中ということで会える女性であると信じ込ませることを狙いとしていますが、そもそも出会い系で愛人を探すこと自体が誤った行為なので決してするべきではありません。

サクラがいないポイント制の出会い系サイトには、援助交際希望者の中にはキャッシュバッカーが紛れている場合もありますが、それと同様愛人を募集している女性の中にもキャッシュバッカーや風俗業者が成りすましている場合があるので要注意です。

愛人募集と偽ることで出会えると思わせる

わざわざ愛人を募集しているという体で男性を騙すキャッシュバッカーの心理は今一つ分かりかねる部分がありますが、その狙いを推測すると『自分が出会える女性であると思わせる』ことにあると考えられます。出会える系の出会い系サイトに風俗業者やキャッシュバッカーが存在していることは慣れた男性利用者であればある程度把握しています。警戒する男性を騙すためには、自分が会える女性であることを信用させる必要があるわけですが、そのための設定のひとつが『愛人募集者』というわけです。

愛人募集中という設定にしていれば、会える女性であると信じ込ませることができますし、出会い系のサイトには秘かに愛人を探している男性もいるのでそういった男性からのメールがもらいやすくなるのです。

愛人を探すこと自体がナンセンス

単なる不倫パートナーとは異なり、愛人関係には金銭を対価とした交際という意味が含まれます。これはともすれば法律に違反する行為ともなりかねませんのでそもそも愛人募集を行うこと自体がナンセンスであるということを理解しておきましょう。

特に、出会い系サイトでは個人の秘匿性の高さからか利用者のモラルが箍が外れたように低下する傾向が強く見受けられるので、こういった愛人募集などのグレーな交際でも平然と希望する利用者が出現してしまいがちです。

モラルが低下した結果、キャッシュバッカーなどに騙されたとあっては目も当てられませんし、救いようがないと言われても仕方ありません。そもそも愛人募集などをしさせしなければ騙されることもないわけですから、くれぐれもそういった行為をしないように注意する必要があると言えるでしょう。