出会い系で出会った人が写メなど第一印象と違う理由について解説しています。会った時に感じるギャップを減らすためにも会う前に交換する写メは1枚ではなく複数枚にするようにして、あまり期待し過ぎないようにしましょう。

出会い系サイトでの出会いについて僕が日々感じるのは、サイト内メールや直メなどでいくら写メ交換をして相手のことを完璧にイメージとして理解したつもりでも、実際に会ってみると抱いていたイメージとは随分違うという場合が多いということです。時には、まったく別の人じゃないかと感じることもあるものです。

写メだけを頼りにすると会った時にギャップを感じる

特に、写メ画像だけを信頼してそれが相手の実像だと考えてしまうと、会ってみた時にがっかりすることが多いというのが出会い系サイトで女性と出会う場合の傾向です。出会い系サイトを使う場合は、まずこのことを理解しておかないといけません。同様に、それは相手の女性も感じる可能性のあることだということも知っておきましょう。

第一印象とのギャップを減らすためのポイント

出会い系サイトで会ってみて期待していたイメージとは違うことでがっかりすることほどテンションの下がることはありません。できれば、期待通りの人であってほしいというのは誰もが考えることです。

そのギャップを減らすためのポイントは、待ち合わせをする前に交換する写メ画像の枚数を1枚だけにせず、できれば複数枚にするということです。何枚か写メを交換すれば、撮影の仕方や角度などが違うものが含まれている可能性がありますからより相手の実像をイメージしやすくなります。出会い系サイトを通じて知り合った人とは通常1枚だけ写メを交換することが多いので会ってみてがっかりすることが多くなるわけですが、それをまず避けるというわけです。

また、こちらの気の持ち方も考えなければいけません。どうしても、期待が先走りして相手のことを自分の好みに近い人にイメージ作りしてしまうのが出会い系サイトでの出会いですが、それをしないようにするということです。写メはあくまで手がかりに過ぎず実物とはまったく別モノであるぐらいの心づもりでいた方がいいかもしれません。

というのも、出会い系サイトでメールをしている相手の人に送る写メ画像というのは、男女問わず、どうしても写りがいいものや実際よりも格好よく(あるいは可愛く)写っているものを選びがちです。ですから、当然ながら会った時とギャップが出てくるということになるわけです。

このことを前提として会うようにすれば第一印象との違いに凹むことが幾分少なくなります。