出会い系サイトや出会いアプリでLINEのIDを交換する危険性について解説しています。出会い系でLINEやカカオのIDを交換して悪徳出会い系の業者などに騙されないための対策やサクラ・業者の見分け方についても分かりやすく解説しています。

サクラ詐欺の出会い系に誘導・登録される危険性

出会い系サイトや出会いアプリでのLINEやカカオのID交換には、サクラ詐欺の悪徳出会い系に誘導され、登録させられてしまう危険性があります。ワクワクメールやPCMAXなどの本当に会える系の優良出会い系サイトと、サクラばかりの出会いアプリにおけるケース、それぞれについて具体的に解説します。

  1. 優良出会い系サイトの場合
  2. 出会いアプリの場合

優良出会い系サイトの場合

本当に会える系の優良出会い系サイトでLINE交換する場合、何回目のやり取りでLINEやカカオのIDを交換するのかがポイントになります。

具体的には、やり取りしたことのない女性が最初のメールでいきなりLINEやカカオのID、メールアドレスなどを送ってきた場合は、100%サクラ出会い系に誘導されると見て間違いありません。相手はいわゆる“LINE誘導業者”の可能性が非常に高いです。

LINE誘導業者に教えられたLINE IDなどで直接つながってラインのやり取りをすると、数回のやり取りの後ほどなく別の出会い系サイト、もしくは出会いアプリ、プロフサイト・掲示板を教えられ、そこでのやり取りを求められることになります。

いずれの場合も、プロフィールに載っている写真の女性はダミー(サクラ)に過ぎず、本人と会うことはもちろんできません。

ただ、幸いにも昨今の優良出会い系サイトではどこでも、LINE誘導業者に対する規制や取り締まりがかなり徹底しているので、業者がLINE IDを男性に対して一斉に送信したとしてもすぐに強制退会や利用停止となることがほとんどなので、現在では釣られる危険性はほとんどないに等しいと言っていいです。

出会いアプリの場合

iPhoneのApp StoreやAndroidスマホのGoogle Playでダウンロードできる出会いアプリにおいても、女性ユーザーから一方的にLINEのIDやQRなどを教えられることがあります。

ラインに移行してからサクラ出会い系へと誘導される一連の流れは優良出会い系サイトにおける場合とほとんど同じで、ライン移行後ほどなく“専用メッセンジャー”などと称する別のサクラ出会いアプリのダウンロードを求められることになります。

このような事例は、メールの送信にかかるポイント代が1回あたり250円前後もするPICO!(旧PACO!)マッチ出会いGU!などの出会いアプリにおいてよく見受けられます。

特に出会いアプリでのLINE誘導は、「これからすぐ会ってエッチしない?」などのように即会い・即エッチなどの過激なエロメールとセットで行われることが多いので欲に任せて釣られてしまわないよう注意が必要です。

誘導目的の業者・サクラは、1回目・2回目のメールなどやり取りし始めてすぐにLINEやカカオのIDを送ってくるので、その点から見分けると被害に遭う危険は割と簡単に回避することができます。

迷惑メールやLINEのターゲットになってしまう

出会い系サイトや出会いアプリで、LINEやカカオのIDやメールアドレスなどの連絡先が業者やサクラに知られてしまうと、十中八九、迷惑メールやラインのターゲットとして悪用され続けてしまう危険性があります。

一度でも連絡先を業者に知られてしまうと、半永久的に迷惑メールなどが送られてくることになるので被害を止めることはほぼ不可能です。

もし、業者やサクラに連絡先を知られてしまった場合は、ラインの場合はブロックし、メールの場合は無視するかアドレスの変更、もしくは受信拒否などの設定を行うことが取り得る対策です。

LINE IDに本名を指定していると素性がバレる恐れがある

出会い系サイトや出会いアプリでLINEやカカオのIDを交換する場合、最も気をつけたいのは、IDなどに本名を設定している場合、本名からFacebookなどを辿られて素性がバレてしまう危険性があるということです。また、ラインのアイコンに顔写メを載せている場合は、顔バレしてしまう恐れもあります。

本名や顔写真がサクラや業者に知られる分には実際のところあまり危険性はないのですが、一般の出会い系利用者に知られてしまうと思わぬ危険に巻き込まれる恐れがあるのでくれぐれも注意してください。

特に、女性の場合は、本名や顔がバレてしまうと、やり取りしている相手の男が悪意ある者の場合、交際を断ると付きまといやストーカー、脅しなどの犯罪被害に遭う危険性もあるので十分注意するようにしましょう。

実は出会い系サイトや出会いアプリでのLINE交換で一番怖いのは、一般のユーザー同士で連絡先を教えた後に関係がこじれトラブルに発展するというパターンです。連絡先を教える場合は、簡単に相手に本名や住所、職業や勤め先の名前などを教えるのは控え、本当に相手のことを信用できるかを見極めた上で教えることが大切です。

男性ユーザーの中には、業者やサクラは元より一般の女性とLINEやカカオのID、アドレスを交換することには一切リスクがないと考えている人が少なくないように思いますが、そうとは一概言えないのでできるだけ出会い系での連絡先の交換には慎重を期していただきたいものです。

我々男は、相手の女性を落とすまでは完全にオスと化していますので、一度スイッチが入ってしまうとリスクそっちのけで個人情報を相手に教えてしまったりすることがままあるものです。そして、一度きりのつもりで関係をもったはいいものの今度は女性にしつこく交際を迫られたり、自分から教えてしまった個人情報をネタにゆすられたり……なんてこともあるのが出会い系での出会いの現実です。

ですから、賢明な男性諸氏には、女性と関係を持つまではできるだけ理性的に、そして抑制的にさまざまなことを判断して被害に遭わないで対策を自ら行うことを強くおすすめします。もちろん、女性ユーザーの場合は論を待ちません。特に既婚者の女性の場合、何がきっかけでトラブルに発展するか分かりませんので、くれぐれも個人情報の取り扱いには注意しましょう。