悪質な出会い系サイトを利用してサクラが被害に遭ってしまった場合は、詳細な利用履歴を元に警察や弁護士などに相談するというのが有効ですが、それ以外にも簡単にポイント代金を振り込まないにするというのが被害を最小限に食い止めるためにも大切です。

そもそもサクラがいない出会い系サイトを使えばこういった心配はする必要がまったくありませんが、時にはそういったサクラがいないサイトの中にもサクラ詐欺サイトへの誘導を目的とした利用者がいることもありますので、どんなサイトを使っていたとしてもサクラ詐欺サイトを利用させられることになる場合があります。

また、知識が十分でないままサクラ出会い系を利用してしまったという人、敢えて自らの意思でサクラ出会い系にチャレンジした結果、被害に遭ってしまったという人は少なくありません。

そこで、ここでは万が一出会い系サイトのサクラ被害遭ってしまった場合の対処法を紹介しておきます。

詳細な利用履歴を元に専門家に相談する

万が一出会い系サイトでサクラ被害に遭った場合は、その利用履歴を詳細に残しておきましょう。そして、弁護士や警察、国民生活センターにそれを元に相談することをおすすめします。ここで大事なのはサクラと思われる人とのメールのやり取りをきちんと残しておく、ということです。ただ単に、サクラ被害に遭ったということだけを申し立てても望むような形で相談に応じてくれることはありませんので気をつけましょう。

弁護士への相談は、被害額よりも相談料が高くなる可能性がある

ただし、こうした相談にも問題はあります。それは、費用が掛からない警察や国民生活センターなどはその相談を聞きこそすれ、きちんと捜査や調査などの対応をしてくれるという可能性が低い、ということです。一番きちんとした対応が期待できるのは弁護士ですが、この場合相談料が必要になる場合もありますので、被害額よりも相談料の額が大きくなってしまうということもあります。数百万円単位で搾取されたということであればまだしも、実際のサクラ被害による被害額は数万円程度であることが多いので、被害額よりも弁護士への相談料の方が高くなる可能性があり、必ずしも現実的な方法とは言えません。

ただ、被害者があまりにも多い出会い系サイトの場合は、有志の弁護士による被害者の会などが設立されている場合もあるのでそうした情報を探すのは有効です。

総合的に考えると、まず、サクラと思われる利用者に遭遇した場合は、少しでも疑いがあるのであれば関わらないことが何よりも重要で、もしメール交換などをしてしまった場合でも実際に会うまでは入金をしない、そして常に疑いの目を向け早めに見切りをつけるというのが大切です。