出会い系サイトの利用料金に関する督促状が自宅などに送られてきた場合は、放っておくと半永久的に追い込みに遭う危険性が高いので速やかに警察や弁護士に相談するようにしましょう。そのような被害を防ぐためにも、出会い系では相手がどんな人であろうと自宅の住所や電話番号を教えないようにしなければいけません。

メールや携帯電話に対して督促の連絡が来る場合と比べて、自宅へと出会い系サイトの料金が未納であるとして督促状が送られてきた場合は、しっかりと対応しないと後々さらに大きなトラブルに巻き込まれる危険性が高いので注意が必要です。

メールによる督促であっても、その請求に正当性があるならば支払う必要性が出てくる場合もありますが、もし関係のない請求や督促であれば無視することもできます。

自宅の電話や郵送による督促は被害の深刻度が高い

しかし、自宅の電話への督促の場合は連絡が止むことはまずありません。悪質な消費者金融業者による取り立ててと同じでこちらが支払うまで半永久的に催促が続くことになります。その場合は、まず警察に相談した上で対処法についてアドバイスをしてもらいましょう。

また、自宅へと郵送で督促状が送られてきた場合は、電話の場合に比べてはるかに危険性が増します。というのも、自宅へと取り立て業者が来る可能性が非常に高いためです。その場合、たとえ引っ越しをしたとしても永久に追われ続けるということになりますので早めに警察へと相談することはもちろんのこと、弁護士に相談し法的な代理人として対処してもらうのが一番いい方法です。

出会い系サイトを普通に利用しているだけでは住所を知られることはまずあり得ませんが、メール交換をしている相手に住所を教えたり、メールや電話による督促の威圧感に負けてうっかりと教えてしまうことは可能性として十分あり得ることなので、絶対に住所は教えないという点だけは頑なに守ることが必要です。

相手の主張の正当性を自分で正しく評価することも大切

それ以外にもまず重要な点としては、その督促に正当性があるのかどうかということについてしっかりと確認することです。メールや電話であれ、郵送であれ、警察や弁護士に相談する前に相手の主張をしっかりと把握しておくことが大事です。そして、その主張が果たして正当なものなのかどうか、実際に自分が利用したのかどうかについてまずしっかりと確認しておきましょう。

督促の連絡に対応するというのは恐怖心もありますし、骨のいる作業ではありますが、冷静さを保ってしっかりとやり遂げることが大切です。そして、その後でその情報を元に相談をすると解決までの時間がスムーズなものへとなります。