出会い系サイトを利用したとして送られてくる請求メールには架空請求メールもあるので、利用した自覚があったとしても冷静にその事実の有無を確認し、支払いの義務があるかどうかを的確に評価、判断することが重要です。

悪質な出会い系サイトを利用した場合や、出会い系サイト自体を利用していなかったとしても送られてくる可能性があるのが架空請求のメールです。サイトを利用していないにも関わらず送られてくるのは迷惑メールに分類できますので、ここでは有料サイトにおける架空請求の問題について説明していきます。

不正請求による被害の実態

請求のメールが送られてきた場合の対処法で一番重要なのは、とっさに行動しないということです。このタイプの詐欺の被害に遭う人の多くが恐怖心や、対応が遅れることで加算される延滞金を警戒するために、即座に入金手続きへと進んでしまっています。

しかし、まさにそれこそが詐欺行為に及ぶ者の狙いで、多くの人が悪徳業者が意図した通りに騙されてしまっているというのが実態です。

具体的な対処手順

まず、大切なのはそれが本当に架空請求なのかどうかを確認することです。利用者の中には規約を確認せずに自らの意思でポイントを消費したにもかかわらず、そのことを把握できていない人も多くいます。したがって、その請求が本当に架空のものなのかどうかを当該サイトの利用規約や料金表、使用履歴などからしっかりと確認することが重要です。

その時最も重要なのが、“どのサイトを使ったのか”ということを正確に把握するということです。架空請求のメールは、曖昧な表現の文面であることが多いのが特徴です。

典型的な架空請求メールの例

お客様がお使いになられたサイトで料金が○○円未納となっています。

往々にして出会い系サイトを過去あるいは現在も利用している人に対してこうした架空請求メールが送られるため、受け取った人の多くには出会い系を利用した心当たりがあり、それを早合点してしまうことで入金してしまうということになります。

しかし、正しい請求のメールであればきちんとサイト名が記載されているのでそれをしっかりと確認することが重要というわけです。

また、正しい請求であったとしても簡単に入金してはいけません。
なぜなら、昨今の悪質な出会い系の場合、利用者の意思とは無関係に勝手にマイナスポイントを発生させる不当なサイトも中には存在するためです。利用者に意思を確認することなく課金するサイトがあるのです。

これは、課金の際に利用者に分かりやすくその旨を表示することを義務付けた(電子)消費者契約法に違反している可能性が高く、場合によっては料金を支払う必要がないこともあります。

したがって、課金へ至る流れをしっかりと確認することがポイントになります。

いずれにしても、恐怖心をこらえて冷静にひとつひとつのポイントを明確にしていくことで不必要な被害を防止することができます。