出会い系サイトで写メ交換した人と会う際のポイントと注意点。出会い系サイトでは、会ってみたら写メと実際が大きく違うということが少なくありません。会ってからがっかりしないためのポイントなどをまとめました。

【質問】
出会い系で写メと実物が違うことはある?

【答え】
出会い系サイトでは、会う前に交換していた写メと実際に会った際に目にする実物との間にはギャップや違いがあることも少なくありません。

写メと実物が違う理由

出会い系サイトで知り合った人と待ち合わせなどして会ってみると、事前にもらっていた写メ画像と本人が全然違うというのは決して少なくありません。その理由は、携帯写メ画像の性質によるもの以外にも、意図的に実物とは異なる写メ画像が使われることなどもあります。

写メ画像の問題

すでに会ったことがある人や面識のある人については、多少写真や写メ画像が実際とは違っていてもさほど違和感を感じることはありませんが、出会い系サイトで出会う場合は、相手の人とは面識はおろか一度も会ったことがないというのが当たり前ですから、相手の人に対して抱くイメージというのは、事前に交換する写メ画像のみということになります。

ですが、特に携帯に内蔵されたカメラで撮影された写メ画像は、撮る角度や光の当たり具合などによって大きく見え方が変わるという特質があります。ですから、ある特定の数枚の写真だけをもってしてそれがそのまま実物だと考えることには無理があるわけです。

意図的に写メが加工される場合

また、出会い系サイトで使われる写メ画像については、顔バレや悪用を防ぐという考えから意図的に加工されていたり、写真画像からは誰であるかハッキリと判別できないような角度で撮影されていたり、あるいは実物が想像できないようなプリクラの画像となっていることも少なくありません。

特に、出会い系サイトの女性利用者の中には、写メを大々的に公開することを敬遠するばかりか、個別に送信することですら抵抗を感じる人は少なくないものです。そういった女性については、写メを意図的に加工したりするので会ってみた時に全然違うという印象を抱くことになるというわけです。

会ってからガッカリしないためのポイント

待ち合わせをしたら写真と全然違う人が来たということがないように事前にできることをまとめてみます。

  • 写真と実際は違うという前提(心づもり)でいる
  • 写メは加工されている場合も多い
  • 正面からの明確な写メでない限り実物とは大きく違うと考える
  • 可能であればアングルや撮り方が違う別の写メを交換しておく

どちらかと言うとメンタル的なことが多いですが、思い込みや勝手に作り上げたイメージ像によって、会ってからがっかりすることは決して少なくありません。ですから、それをセーブする意味でもあまり期待しないということは重要です。