ワクワクメールやハッピーメール、PCMAXなどの出会い系やマッチングアプリで条件(お願い)ありの割り切りで会える相手を募集している女性の実態とは?ホ別の金銭要求の援交業者と、パパ活や割り切り目的の一般人の女性の見分け方や安全な出会い方とともに解説。

条件(お願い)ありの女性とは?

ワクワクメールやハッピーメール、PCMAXなどの出会い系サイトや出会系アプリを使っていると、プロフィールに「条件あり」や「お願いあり」の大人の交際希望と書いている女性と出会うことがよくあります。

そういった女性の多くは援デリ業者が登録している女性ですが、最近ではパパ活や割り切りの大人の関係の相手を探す一般女性が増えていることもあり、見分けるのが難しいケースもあります。

また、Jメールやイククル、メルパラなどの場合は業者の比率が高いなど、サイトにアプリによっても条件ありの割り切り希望の女性の実態には微妙に違いがあります。

そこでこの記事では、条件あり(割り切り)の女性の特徴や実態と見分け方、そして安全に出会うための出会い方のコツについて分かりやすくまとめています。

条件(お願い)ありの女性の事例

出会い系には、プロフィールコメントや掲示板に出している募集の書き込みに条件(お願い)ありなどと書いている女性が少なからずいます。

この、“条件あり・お願いあり”と書き込んでいる女性は、デートや会って大人の関係になる(セックスをする)のと引き換えに、お金を要求してきます。

出会い系や大人の関係専用のマッチングアプリで条件(お願い)ありの女性の実態を調査した際に、実際に受け取ったメッセージや出会った女性のプロフィールの実例を見てみましょう。

ワクワクメールの「条件あり」の交際希望の女性からのメッセージの実例

私はコロナでバイトが減って、生活が困ってきたので、条件有りで会える方を探してました。

こちらはワクワクメールで条件ありで会える女性を探していた女性からのメッセージです。

もう一つ事例を見てみましょう。

paddy67で出会った「条件あり」の大人の関係希望の女性のプロフィールの実例
paddy67の「条件あり」の大人の関係希望の女性のプロフィール

お**ありの**関係の方を探しています。

こちらはpaddy67で出会った女性のプロフィールに書き込まれていたコメント内容です。

「お**ありの**関係の方」と途中、文字化けしていますが、これはpaddy67のシステムが自動で検知して伏字に変換したもので、元々は「お願いありの大人関係の方」と書き込んだとのことでした。

このように、出会い系サイトや出会い系アプリ、大人の関係専用のマッチングアプリでは、条件(お願い)ありの割り切り希望の女性に出会うことがとても多いです。

条件(お願い)ありの女性の見分け方は?

条件(お願い)ありの割り切り希望の女性は、プロフィールや掲示板に出している募集の書き込み、そして男性に送るメッセージに必ず「条件(希望)あり・お願いあり」やそれを暗に示唆する言葉を書き込んでいるので、比較的簡単に見分けることができます。

よく使われる言葉としては「サポートあり」や「余裕のある人」「応援してくれる人」などがあります。

援交の条件を言ってくる女性の実態とは?

金銭的な条件を要求したり、援助をお願いする女性は、大まかに以下の2つのタイプに分けることができます。

  • 割り切りやパパ活の交際相手を探している一般人女性
  • 割り切りや援交の相手を探している一般人のふりをした援デリ業者

この2つのタイプの内、出会い系で最も遭遇することが多いのは、2つ目の金銭要求の援交業者です。

直接やり取りをすると、「ホテル代と別に2万お願いします」「最初だけ2万ください」と具体的な金額や条件を提示してくるのが特徴です。

こういった女性(正体は「業者」)は、ハッピーメール、PCMAXなどの本当に会える系の出会い系に多く見受けられます。

条件(お願い)ありで金銭を要求する業者の実例

分かりやすい実例を見てみましょう。

ハッピーメールの「お手当あり」のホテルデート希望の女性からのメッセージの実例
ハッピーメールの「お手当あり」のホテルデート希望の女性からのメッセージ

お手当有で新宿か渋谷でホテルデートしてくれる人を探してます

~中略~

割り切りでのお付き合いお部屋代とは別に2万円が相場らしいので私も同じでお願いしたいです。

こちらはハッピーメールで条件ありの割り切りでホテルデートしたいと言ってきた女性からのメッセージです。

赤文字でマークした箇所を抜き出します。

  • 「お手当有で」
  • 「ホテルデートしてくれる人」
  • 「割り切りでのお付き合い」
  • 「お部屋代とは別に2万円」

出会い系に登録している業者が好んで使うワードが随所に含まれていることが分かります。

このような女性は、大人の出会いを目的に即会いを希望する人が書き込みを行っているアダルト掲示板で見かけることが多いです。

即会いや即エッチ目的で出会い系を使っている男性の中には、金銭での割り切り関係(援助交際)でも構わないと考える人もいるので、そういった男性を捕まえるべく募集を出しているわけです。

業者のプロフィールはすべて嘘(サクラ)

PCMAXや、ハッピーメールなどの本当に会える系の出会い系には、この「条件(希望)あり・お願いあり」の女性がとても多いです。

パッと見、援交目的の一般ユーザーがとても多いと感じるかもしれませんが、実はこうした女性の大半は、実在しない架空の女性(=サクラ)です。

ほとんどの場合、援デリ業者が不正に登録したサクラであることが多く、一般の実在する女性であることはまずありません。

つまり、

出会い系で「条件(希望)あり・お願いあり」の女性と出会う≒援デリ業者に騙される可能性が高い

ということなのです。

各出会い系ごとの“条件ありの女性”の実態と比較

出会い系で条件(お願い)ありの割り切り交際を希望している女性の多くが援デリ業者であることは、基本的にはどの出会い系サイト、出会系アプリにも共通することですが、その割合などはサイトやアプリによって異なります。

ここでは、それぞれのサイトやアプリごとにどういった違いや傾向が見られるのかについて、実態調査や私の体験談をベースにご紹介します。

各出会い系における業者と一般人(パパ活女子)の比率・多さの目安
サイト/アプリ業者率一般人(パパ活女子)
ワクワクメールかなり多い
ハッピーメール多い
PCMAX多い
YYC普通
Jメールほとんどいない
メルパラほとんどいない
イククル少ない

この表は、約2か月間に渡って各出会い系に毎日ログインし、女性とやり取りするなど調査を実施した結果をまとめたものです。

たとえば、ワクワクメールで条件ありやお願いありの交際を希望している女性はパパ活や割り切り目的の一般人であることが多く、Jメールメルパラではほとんどが業者ということを意味しています。

一般人の女性とお小遣いありのデート目的で会うのであれば、ワクワクメールやハッピーメール、PCMAXを、はじめからセックスありきの割り切りで会うのであれば(業者と会いたがる人が少ないかと思いますが)Jメールやメルパラ、イククルを使うのが向いているということになりますね。

パパ活目的の女性が増えている?

援デリ業者やサクラ・キャッシュバッカー以外にも、最近では「パパ活」目的で出会い系に登録している素人女性も急増しています。

「パパ活」とは、元来はセックスなどの体の関係は一切なしで、デートや食事、買い物などに付き合うのと引き換えに5千円~1万円などのお小遣いをくれる“パパ”を募集するという意味でしたが、最近では、単なる買い物や食事デートに止まらず大人の関係も含めて条件ありの交際を希望する女性がとても増えています

パパ活をする女性のことを「パパ活女子」や「PJ」と言い、お小遣いではなく一緒に買い物に行ってプレゼントを買ってあげることを求められることもあります。パパ活は、雑誌などで取り上げられたこともあって、20代前半の女子大生やOLなどの間で流行しています。

出会い系は年齢の離れた男性と出会うのに便利なのでパパ活目的の女性が登録してくることが多く、近頃ではよく見かけます。

特に、ワクワクメールには「一緒にごはん」という食事デートの相手を募集できる専用の機能が古くからあることもあって、パパ活女子がとても多いです。

ワクワクメールをはじめとした出会い系でパパ活をする女性は、コロナ禍を経てさらに増えています。

条件ありの業者とパパ活・割り切り目的の一般人の見分け方

パパ活女子と援デリ業者には次のような違いがあります。

  • 要求してくるお金の額に幅がある
  • 会ってすぐにホテルに行くのではなく、はじめは顔合わせのお茶から始める人が多い
  • 体の関係は一切なしで会うことを希望する人もいる

条件の金額に幅がある

パパ活目的の一般人女性は、体の関係(通称:“大人”)に求める条件の金額が人によって全然違います。

大人希望の女性の要求する条件相場とは?
大人の関係で10万を要求してきた女性のメッセージ

モデルをしていて
事務所の関係で羽を伸ばしたりは難しいので、最初の顔合わせや食事は希望していません 最初から大人の関係でさがしています

お手当は都度10を希望しています

このように、パパ活女子には大人の関係で10万など、高額の条件を要求する人も珍しくありません。

パパ活アプリや、ワクワクメールなどパパ活が盛んな出会い系では、お茶1、食事2~4,大人の関係の条件として4~10を提示してくる女性がたくさんいます。

この女性のように、大人の関係で10万を要求する女性も決して珍しくはないです。

援デリ業者の場合は、判で押したように「ホテル代と別に2~3万預けてください」と要求してきますが、パパ活目的の一般人女性は人によって条件に幅があるのです。

最初は顔合わせやお茶からの女性が多い

最初に会うときはいきなりホテル行くのではなく、「はじめはお茶から」という人が多いのもパパ活目的の一般人女性の特徴です。

業者とパパ活目的の一般女性との違いとは?
はじめは顔合わせのお茶から希望のパパ活目的の一般人女性のメッセージ

定期的にサポートありでお茶やお食事、デートなどご一緒できる方をさがしております

~中略~

まずはお顔合わせで軽くお茶かお食事などして仲良くなれたらと思ってまして、1お願いしております

この女性のように一般人の場合は、はじめはお茶からという人がほとんどです。

最初は顔合わせのお茶をして、外見や性格の相性を確認した上で大人の関係(割り切り)に進むというケースが多いです。

大人の関係なしの交際希望の女性もいる

パパ活をしている女性には、体の関係は望まないという女性もいます。

大人なしの交際希望の女性
大人の関係なしでのパパ活希望の一般人女性のメッセージ

身体の関係は希望していなくてお食事デートやお買い物デートに連れてってくれるサポート可能なパパさん探してます!

このように、一般人女性の場合は、援デリ業者とは、プロフィール内容もやり取りするメッセージの内容もまったく違うので見分けるのは簡単です。

業者か一般人か見分けづらいときの見極め方

見分けづらいケースがあるとすれば、パパ活目的の一般人女性がいきなりホテルデートをしたいと言ってきた場合です。

その際は、次の2点に着目すると見分けやすいです。

  • 女性の職業がモデルやグラビアなどの芸能関係
  • 大人の関係で要求してくる額が4万~10万など高額

この2つに該当する女性であれば、援デリ業者ではなく一般人女性の可能性が高いです。

芸能関係の仕事をしている女性は、顔合わせのお茶を避けたがる傾向が強いです。

メールなどでは「顔バレのリスクがある」と言う人が多いですが、実際には効率よく高額のお手当を稼ぐための口実ではないか?というのが私のこれまでの経験で感じたことです。

その意味では、割り切り慣れした“セミプロ”と言っても差し支えないですが、写真通りの外見・スタイルとも申し分ない女性が本当に来るという点では、業者とは天と地ほどの差があります。

業者はすぐにフリメに移動したがる?

記事のはじめの方でも少し紹介しましたが、最近の業者は金銭に関する条件交渉を以前ほどあからさまにしなくなりつつあります。

数年前までは、サイトやアプリ内のやり取りの段階ですぐに金銭の条件を言ってくることがほとんどでしたが、最近は条件を言う前にすぐに直メに移行したがります。

サイトやアプリから離れて条件交渉をおこなうことでアカウント停止となるリスクを避けようという意図があるのです。

それに対して、割り切り目的の一般人女性やパパ活女子はサイトやアプリ内で条件を言ってくることが多いので、その点からも両者を見分けることができます。

最近では、サイト(アプリ)側の援デリ業者に対する取り締まりや規制が厳しくなってきたこともあり、「条件あり」や「お願いあり」ではなく、より遠回しに「大人の関係(交際)」希望とだけ書いておき、直メアドレスでのやり取りに移行してから金銭の交渉を始めるパターンが急増しています。

出会い系を使う人の中には、お金で割り切って会える女性ばかりを狙う人も少なくありませんが、同じ2万円を払うのであれば合法のデリヘルや店舗型風俗店に行く方がよっぽどマシなのではないかと思います。

正直、出会い系では「お金を払ってでも会いたい!」と思えるほどの女性とは滅多に出会えることはありません。プロフィール写真が美人?かわいい?それは全部業者が仕込んだサクラなので絶対にそういう女性とは会えないです。

対照的に、パパ活や割り切り目的で出会い系や大人の関係専用のマッチングアプリに登録している一般人の女性は、外見も中身もまともな人が多く、同じお金を使って女性と会うならそっちの方が比べようもないぐらいマシです。

割り切りの相手を探している人は、くれぐれも援デリ業者に釣られないよう一般人の女性を的確に見分けて出会いましょう。

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2022