出会い系やマッチングアプリで犯罪に巻き込まれないために気をつけるべきこと、絶対にやってはいけないこととは?出会い系やマッチングアプリで犯罪被害に遭う危険性、被害に遭わないための対策について解説しています。

18歳未満の児童とは決して会わない

出会い系やマッチングアプリで犯罪に巻き込まれない、加害者にならないために最も気をつけるべきことは、18歳未満の未成年児童とは決して出会わないということです。

出会い系やマッチングアプリを18歳未満の未成年児童が使うことは法律により禁止されています(参考:インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する 法律等の解釈基準 – 警察庁[PDF])。

相手が18歳未満の未成年児童であると知りながら「会おう」などと誘う行為は法律違反になるので絶対にやってはいけません。

ワクワクメールやハッピーメール、PCMAXなどの出会い系やマッチングアプリでは、登録者の年齢確認手続きを厳格に行っているので、基本的には18歳未満の未成年児童は一切いないのですが、ごくまれに書類を偽装するなどして18歳未満の未成年児童が紛れこんでいるケースがあります。そういったユーザーに遭遇した場合は、即座に管理者側に通報するとともに決して相手にしないようにしなければいけません。

18歳未満の未成年児童側が会おうと誘ってきた場合でも、法律違反により処罰されるのは大人なので相手にしないのが賢明な選択です。

年齢認証のないLINE掲示板や無料出会いアプリを使わない

登録も年齢認証も必要なく使えてしまうLINE ID交換掲示板無料の出会いチャットアプリなども犯罪に巻き込まれる危険性があるので決して利用してはいけません。

App StoreやGoogle Playからダウンロードできる一部の出会い系チャットアプリの中には、一般の男性と女性がやり取りできて会える仕組みになっているにもかかわらず、「異性紹介事業」には該当しないとして年齢認証の手続きをせずに使える脱法アプリが数多く存在します。

そのような出会いアプリでは、18歳未満の未成年児童と出会う危険性だけでなく、オヤジ狩りなどの強盗被害に遭う危険性もあるので、決して使わないようにしましょう。

また、マリンチャット(新 ORCA – オルカ)のような無料出会いアプリでは、プロフィールに写真を登録すると、その写真が無断で悪用されるという犯罪被害に遭う可能性が高いので絶対に利用してはいけません。

援デリ業者の誘いに応じない

ハッピーメールやPCMAX、YYC(ワイワイシー)などの本当に会える系の出会い系マッチングアプリは、きちんと法律に則った運営がされていて比較的安全性が高いですが、女性利用者としてなりすまして登録している援デリ目的の業者には注意が必要です。

援デリ業者は、簡単に言えば売春の斡旋業者なので、援デリ業者の誘いに応じることは買春行為にあたるので法律に違反する可能性が高いです。

それだけでなく、援デリ業者が派遣する女性にはまれに18歳未満の未成年児童が紛れている場合もあります。実際ハッピーメールは過去に18歳未満の児童による書き込みを放置したとして摘発されたことがあります。

また、援デリ業者が派遣する女性と会うと、ホテルに入ってから財布を盗まれたり、美人局に遭うなどの犯罪に巻き込まれる危険性もあるのです。

出会い系の男性ユーザーの中には、援デリ業者の誘いに簡単に応じる男性がいますが、ロクなことがありませんので絶対に避けるようにしましょう。

出会い系やマッチングアプリで犯罪に巻き込まれるケースはひと昔前に比べると随分と減った印象があります。その大きな要因は、18歳未満の未成年児童が簡単に異性とやり取りできるサイトやアプリを使えなくなったことです。

その意味では、昨今の出会い系やマッチングアプリの安全性は飛躍的に高まっていて、犯罪被害に遭うことをあまり心配することなく使えるようになってきたと言えますが、それでもなお記事中で紹介したような危険性はあるのでくれぐれも気をつけてください。

出会い系やマッチングアプリで犯罪被害は、昔も今も“出来過ぎたほどの旨い話”に釣られることがきっかけで起きるケースが最も多いので注意しましょう!「無料」や「すぐ会ってすぐエッチしよう」などの都合のいい言葉に踊らされてはいけません。