サクラがいないポイント制の出会い系サイトには、メールアドレスの回収を目的にした悪徳サクラ出会い系の業者がいる可能性があるので注意しましょう。騙されて被害に遭う危険を避けるには女性から先にメアドを送ってもらうよう頼むのが一番です。

このサイトでもサクラがいない出会い系サイトを特集していますが、サクラがいなければそれでいいというわけではないことを知っておかなければいけません。

そうなんです。安全で完全に優良なサイトであると考えられがちなそれらの出会い系サイトにも負の側面は確実に存在しています。

“女性”として活動するアドレス回収業者

代表的なものとして挙げるとすると、男性利用者のメールアドレスを回収することを目的に女性としてサイトに日々登録してくる業者があります。

メアド回収業者が困るのは、素人の女性との見分けがほとんどつかないからです。例として、メアド交換のシーンを想定してみます。メアドや電話番号を交換する時、普通はだいたい男側から教えることが多いです。それは、女性に先に送ってもらうように頼んでも男に対して先に送るようにお願いされることが多いためです。なので、大抵の場合は、男側からアドレスを送ることになるのですが、この時点では相手が業者かどうか判別することができません。

アドレスを教えるメールを送信してしまうと、相手が業者の場合はメアドの代わりにどこかのサイトアドレスを教えられることになります。そこにアクセスすると、別の出会い系であったりするのです。それで登録しなければ安全かと思うかもしれませんがそんなことはありません。登録しなくても、その前に“女性”にメールアドレスを教えてしまっているので今度は出会い系の広告メールが送られてくるようになるのです。

業者は悪徳サクラ出会い系の手先

このアドレス回収業者は、元をたどるとサクラばかりの悪質なポイント制の出会い系サイトの運営業者の手先であることが多いです。サクラがいないサイトのポイント制とは言葉は一緒ですがまったく中身が違います。まず、料金が常軌を逸しているとしか思えないほど高額な設定になっていますし、自動後払いという勝手に利用代金が発生する仕組みを備えていたりするんです。

こうした業者に一度捕捉されてしまいますと、メールアドレスを変更でもしない限り、毎日数十通にも及ぶ迷惑メールの攻撃に遭うことになるのです。

アドレス回収業者対策法

そんな危険に満ちたアドレス回収業者を相手にする時には、次のような方法が有効です。

  • 女性から先にメールアドレスを送信してもらうよう頼む

シンプルかつ基本的なことと思うかもしれませんが、これが何より有効です。相手が業者であればまず返信が来ません。返信が来ないと気分を害してしまったのかと不安に感じるかもしれませんが、素人の女性であれば余程のことがない限り教えてくれるので心配いりません。

ただ、メアドを教えてもらえるように頼む時には次のような言葉でお願いするようにしてください。

  • 「アドレス回収業者に騙されたことがあるのでよろしければ先に教えていただけますか?」

このように丁寧な言葉で低姿勢でお願いすれば普通は気分を害しませんので教えてもらえる可能性が高いです。もし、教えてもらえなかったとしてもそんな相手とは信頼関係を築くことが難しいということですから諦めもつくでしょう。

また、女性が次のようなことを言ってきたら業者である可能性が高いので要注意です。

  • 「アドレス回収業者の可能性があるから先には教えられません。」

一見、まともな返答のように聞こえますがよく考えてみましょう。サクラがいないポイント制のサイトは、男性は有料、女性は無料です。

メールアドレスを回収するためだけに業者がお金を払ってポイントを購入してメールをするでしょうか?するはずがありませんよね。なので、こういうことを言う女性は、その人こそ何らかの業者である可能性が高いということになるんです。

もし、こういう女性がいたら無視して、そしてサイト管理者に怪しい利用者がいるということを通報するようにしましょう。