複数の出会い系サイトや出会いアプリに登録し、まったく同じような内容のコメントやプロフィールを投稿している女性の実態と危険性、見分けるポイントについて解説しています。いろいろな出会い系に登録し同時に併用している出会い系の女性は一般の女性ユーザーではなく、援デリや誘導業者のサクラ、キャッシュバッカーの可能性が高いので警戒するようにしましょう。

複数の出会い系サイトや出会いアプリに登録し、まったく同じような内容のコメントやプロフィールを投稿している女性は出会うことを目的にしていない、ポイント稼ぎ目当てのキャッシュバッカーや、メールアドレス回収・誘導目的のサクラ、援デリ業者が登録しているサクラ女性の可能性が高いです。

複数の出会い系に登録している女性は意外と多い

出会い系サイトや出会いアプリを同時にたくさん利用していると、他の出会い系でも見かけた女性に遭遇することがあります。プロフィール写真として載せている写真だけでなく、コメント内容までまったく同じというケースもあります。

そういった複数の出会い系サイトや出会いアプリに登録している女性は、決して少なくありません。

業者やサクラ、キャッシュバッカーの場合がほとんど

もしも複数の出会い系サイトや出会いアプリで同じ女性を見かけた場合は、スルーするか、すでにやり取りしている場合は無視するのが賢明です。登録している女性は、援デリ業者誘導業者のサクラ、キャッシュバッカーの可能性が高いからです。

男性の場合は、出会い系を使う場合は、ひとつのサイトやアプリだけを使うよりも複数の出会い系に登録した方が出会える可能性を高くなるので、いろいろな出会い系を同時に使う人も多いですが、女性の場合は違います。出会い系でいろいろなサイトに登録し同時並行的に利用している女性は、効率よく客やカモとなる男性を募るためにたくさんの出会い系を併用するケースがとても多いのです。

ポイント稼ぎ目的のキャッシュバッカーなのか、メールアドレスの回収業者なのか、援デリのサクラなのかについて深く追求する必要はありません。いずれにしても、少なくとも一般の女性ではないことはほぼ確実だからです。

一般の女性は同時にたくさんの出会い系を使わない

業者やサクラ、キャッシュバッカーなどとは異なり、一般の本当に会える素人の女性は、同時にいろいろな出会い系に登録して男性を探す、ということをあまりしません。

その理由は、男性と違ってたくさんの出会い系を使わなくても1つの出会い系サイトや出会いアプリに登録するだけでもたくさんの男性からのお誘いメールを受信するので、同時にいろいろな出会い系を使う必要性がまるでないためです。

ワクワクメールなどの本当に会える系の出会い系に登録している女性は、写真を載せている人ともなると1日に数十人からのメールを受け取ることはザラにあります。多い人にもなると100人以上もの男性からメールを受け取ることになるので、実際のところ他の出会い系を同時使う余裕などないぐらいなのです。

つまり、複数の出会い系に登録して同時に使っている女性は、よほどの事情、たとえばたくさんの客を捕まえないといけないなどを抱えている女性、すなわち必然的に援デリ業者やキャッシュバッカーなどに限られる、ということになるのです。

複数の出会い系を使うと会える可能性のある女性の数が多くなるので単純に会える確率が高くなるのですが、メリットは会える確率が高くなるだけではないというのがこの記事のポイントです。複数の出会い系を使っていない状態、つまりひとつのサイトやアプリだけを使っていると分からない女性の実態を、複数の出会い系を同時に使うことで期せずして知ることができる場合があるということなんです。

どういうことかと言いますと、ひとつの出会い系しか使っていない状態だと、ある特定の女性が本当に会える一般の人なのか、業者やサクラ・CBかの見分けがつかない場合があります。ですが、仮に複数の出会い系に登録していて他の出会い系でもまったく同じ写真・プロフィールの女性を見かけたらそれだけで業者やサクラ・CBと判断することができるというわけです。

本当に会える系の出会い系は、登録は基本的にどこも無料なのでいろいろな出会い系に登録することにデメリットは何一つありません。逆に無料ポイントをそれぞれのサイトやアプリでもらえる分無料で会える可能性が高くなるというメリットがあるぐらいお得なことです。ぜひ、すべてとはいかずとも気になる出会い系には同時にいろいろと登録しておくことをおすすめします。