出会い系サイトは、インターネットを利用したサービスであるため、利用者がどこの地域に住んでいようとも誰でも手軽に利用することができるという特徴がありますが、人口に都市部と地方・地域で大きな差がある通り、出会い系サイトの利用…

出会い系サイトは、インターネットを利用したサービスであるため、利用者がどこの地域に住んでいようとも誰でも手軽に利用することができるという特徴がありますが、人口に都市部と地方・地域で大きな差がある通り、出会い系サイトの利用者数も地域によって大きな偏りがあるため、地方都市であればまだしも、人口の少ない市区町村部では、出会い系サイトの利用者が非常に少なくなる傾向があるため、必ずしも出会い探しに有効なツールとはなり得ないという側面があるのも事実です。そうした地域では、出会い系サイトで恋人を探すよりもむしろ、リアルな日常生活の場での方がよっぽど効率がいいという面があります。

そのため、出会い系サイトの利用者の多くは、地域ごとに主要都市に集中する傾向があります。主な都市を挙げると、札幌(北海道)、仙台(宮城)、盛岡(岩手)、東京、埼玉、千葉、名古屋(愛知)、大阪、神戸、広島、福岡、沖縄といったところが利用者数の上位を占める地域ということになります。

したがって、それら以外の地域ではそもそもの利用者数の絶対数が少ないため、自分の理想とするような恋人などを見つけることは決して容易ではなく、そうした地域の人たちが出会える人を探そうと上に挙げたような地方の大都市を登録地域に設定することも少なくありません。そして、そのことがまた更に地方の小都市を活動の場とする出会い系利用者の減少、大都市部への集中を招くという循環に陥っています。

地方都市在住者へのススメ

このように、人口の少ない市区町村部を登録地域として出会い系を利用するのは必ずしも得策とは言えない状況がありますので、地方都市在住の人が出会い系を使う場合は、各地方ごとの大都市、つまり札幌や仙台、広島、福岡といったような地域を登録地区として選択することをおすすめします。移動を伴うというリスク、ハンデはあるものの利用者が多い分理想的な相手を見つけられる可能性が高まるため、その方が確率が高まるというわけです。

特に、現在の出会い系サイトの中には、登録時に活動地区を選択すると、それ以降変更ができないというサイトも比較的多くありますのでこれから出会い系を使い始める地方在住の人は登録地区についてよくよく検討してから決定した方がいいでしょう。