出会い系サイト全体に占めるサクラサイトの割合は依然として高いものの、利用者からの高い評価を得ているサクラがいない出会い系のシェアは着実に伸び続けています。

これまでに多くの出会い系サイトを使ってきたという人や、これから初めて出会い系を使ってみるという人は、「サクラがいないサイトが本当にあるのか?」というのが一番大きな疑問ではないでしょうか?たしかに、これまで、そして現在も世間に存在している出会い系サイトのほとんどはサクラ行為が横行しているものばかりです。したがって、サクラがいない出会い系の存在はそうそう信じられるものではないかもしれません。

サクラのいない出会い系誕生の経緯

そうした利用者の認識が広まるにつれ、出会い系は一時的にその評判や人気を自ら落とし続けてきました。このことが出会い系運営者の運営姿勢を一部で変えることにつながり、それまでの出会い系の運営体制が大幅に見直されることとなりました。その結果誕生したのがサクラを雇わないでもサイトを維持・運営を行っていける、最近評判の「サクラがいない出会い系サイト」というわけです。

出会えるサイトと出会えないサイトに2極化する出会い系

以前のサクラ出会い系は、サクラがいながらも一般の男性、女性それぞれの登録者がメール交換をして実際に出会うことができるサイトばかりでしたが、最近ではサクラの登録者を騙す効率が悪くなってきていることもあって、そもそもシステム的に一般の登録者同士が出会えないようになっているというとんでもない悪質なサイトばかりになってきました。

したがって、サクラがいる出会い系は「100%出会えないサイト」、出会える出会い系は「サクラがいないサイト」というように極端な2極化が進んでいるのです。

シェアを増す非・サクラサイト

サクラがいないサイトは、出会い系サイト全体の中ではまだまだシェアを広げているとは言えませんが、着実にその数を増やしつつあります。しかもその特徴は、単にサクラがいないというだけではありません。何よりも安全性に優れているという点が一番高く評価することができるポイントです。これまでのサクラ詐欺サイトで行われていたような不正課金(自動後払い課金)や登録者のメールアドレス・電話番号の他サイトへの転売などといった不正行為がなく、安全に利用することができるのです。

サクラ詐欺サイトの運営者が不正行為を行うことでしかサイトの収益を確保できなかったのに対し、サクラのいない出会い系はそういった利用者を騙すような不正行為を行うことなくサイトを維持し発展させていくというビジネスモデルを確立することに成功しています。サクラがいないことで利用者からの人気や評価も高くなりますし、飽きられて利用者がいなくなるということがほとんどないのです。

もちろん、出会い系サイトにおけるサクラサイトの比率はまだまだ非常に高いものがあり決して楽観できる状況とはいえませんが、少なくとも出会える可能性が非常に高いサイトが少しずつながらも誕生してきているということは利用者として歓迎すべきことと言えるでしょう。

※サクラ詐欺サイトは依然として出会い系による被害者を生み出し続けています。サクラがいないサイトはその中ではごくわずかな存在でしかありません。被害に遭わないためにもサクラがいないサイトを選んで利用することが大切です。