YYC(ワイワイシー)はフリメだけで登録できることもあって援交を装う風俗業者に悪用されやすいです。そのため、普通の女性以上に大量の業者がいますが、見極めるのは簡単なので無視してそれ以外の女性の中から出会える人を探すのが攻略のコツです。

このところ、YYC(ワイワイシー)を使っていて特に感じるのは、YYCには援交(またはそれを装うキャッシュバッカーや風俗業者)が多いということです。

簡単に登録できることが悪用を招いている

YYCと言えば、出会える系の出会い系サイトの中では唯一フリーメールアドレスのみで登録できるという手軽さが他のサイトよりも特に優れていると評価できるポイントです。優良で安全な出会い系サイトは基本的にすべてのサイトで携帯のメアドもしくは電話番号、時にはその両方を登録しなければいけないので初めての人にとっては抵抗があるのが特徴ですが、YYCの場合はそういった心理的な抵抗を感じることなく気軽にお試し感覚で登録することができます。

ですが、それは我々のような一般のユーザーだけでなく、YYCを悪用しようとするユーザーにとっても同じです。出会い系サイトを悪用して客引きをしようとする風俗業者にとっては、特に格好の餌食となりやすいというのもまたYYCの特徴のひとつです。

実際、YYCに登録して女性を検索してみても、他のサイトよりも非常に多くの悪質な業者やキャッシュバッカーが多いという印象があります。

援交が多いと勘違いされる理由

そういったYYCの実態について、援交が多いという印象を持つ人が多い理由には、先に挙げたサイトを悪用する風俗業者の存在があります。風俗業者は女性会員になりすまして登録し、男性をつかまえようとしますがその際に必ずメールの中で会うことに際して2万円などの現金を要求してくるという特徴があります。こうした業者が非常に多く女性に紛れ込んでおり、客引きのために活発に活動していることから普通の女性に比べて得立ちやすく、援交が多いという印象を与えることになっているのです。

出会い系サイトにデリヘル業者が登録して客引きを行っているというのは、特に初心者の男性は知らないことがほとんどなので、登録した直後は援交が多いと勘違いしてしまうわけです。

ところが、実際には援交ではなくデリヘルなどの援交業者が援助交際を装って男性を客としてつかまえようとしているというのが実態なのです。

風俗業者は簡単に見分けられる

ただ、何度も目にしていればこういった業者を見分けるのは決して難しくありません。むしろ、金銭を要求してくることやプロフィールであからさまに体の関係を求めていることを書き込んでいることなどから比較的容易に見分けることができます。

普通の女性がこういった業者の陰に埋没してしまう可能性が高いことから存在は邪魔でとにかく鬱陶しいですが、釣られないようにするのは簡単なのでどんどん無視してそれ以外の女性を探すのが攻略のコツです。