SNSには出会い系のサクラがいないというのは誤り

最終更新

出会い系サイトに関しては心理的な抵抗感などから利用したくないと考える人の中には、その代りとしてSNSを出会い系として利用する人もいますが、SNSでの出会いが完全に安全であるかといえば決してそうではありませんし、悪質サイトも多いので注意が必要です。

出会い系SNSの中には悪質サイトも多い

一言でSNSといっても様々なタイプのサイトがあります。mixiやGREEといった有名なSNSが流行したことでそれに便乗するように実に多くのSNSがネット上には誕生してきました。男女が出会うということに特化したいわゆる『出会い系SNS』もそのひとつです。出会い系としての機能とSNSとしての機能を併せ持つこのタイプのサイトは、両方の利用者を取り込むことを目的としていますが、中には利用者を騙すことを狙いとしているサクラ出会い系の運営業者が開設しているものもあるため、必ずしも安全であるとは評価することができません。

たとえば、ランキングページで比較しているハッピーメールなどにはサクラがおらず、比較的安全性が高いと評価することができますが、サクラしかいない出会い系SNSも非常に多く存在しています。

有名SNSにも出会い系のサクラはいる

また、SNSに関する危険性はそれだけではありません。mixiやGREEといった有名SNSにも危険はあります。というのは、それらの有名SNSには少なからず出会いを目的に登録している人がいるわけですが、そうした人たちを狙ってサクラ出会い系の運営業者がアカウントを開設しいかにも“一般のSNS利用者が出会いを求めているかのように”キャラ作りをしている出会い系のサクラが利用者に紛れて登録している場合が非常に多いためです。

ですので、有名なSNSだからといって安全に出会うことができると安易に考えてしまうと思わぬ被害に遭う可能性があるということを理解しておきましょう。

SNSだからといって安全なわけではない

大切なことは、SNSという言葉の響きやイメージだけで“出会い系よりも安全である”と安易に評価してしまわないということです。悪質なサクラ出会い系の運営業者が出会い系のSNSを開設している理由のひとつには、利用者が“SNSと謳っていれば安全であると考えるであろう”という考えに基づいて登録者を騙しやすいと判断しているということがあります。

そういった悪質な業者の手口に騙されないためにも、SNSであれ何であれ、異性と出会うことを目的に利用することができるサービスには常に危険性が伴うということをしっかりと頭に入れておかなければなりません。