トラブルにもテンパらない

最終更新

出会い系サイトを何も知らずに使っていると、様々なトラブルに巻き込まれる可能性があります。最近では被害を耳にすることが減った美人局や、定番のサクラ被害、そして過剰な料金請求。加えて、利用者同士の行き違いによる男女関係のもつれなど起きうるトラブルには多種多様なものがありますが、何よりも一番大切なのは、決して慌てないということです。

トラブル発生時に焦った人は失敗する

例えば、過剰な料金請求をされた場合。出会い系にあまり慣れていない人からすればこの世の終わりとも思えるほどのショックを受けるでしょう。大抵の請求メールは督促めいた、言い方を変えると脅しめいた内容で書かれていますのでつい焦りがちです。そして、その結果本当は払わなくてもいいかもしれなかった料金を支払うハメに陥ります。そうした事態を避けるためにまずはいくつかの簡単な確認を行いましょう。

請求内容は妥当か?

まず、第一に行うのは、その請求内容が本当に正しいのかどうかの確認です。その出会い系サイトに料金表は掲載されていたでしょうか?そして、料金がかかる旨を案内されたでしょうか?電子消費者契約法には、有料サービスを利用者が購入する場合は、料金がかかるという内容が利用者に分かりやすく案内されている必要がある、と記載されています。このことに照らし合わせて実態はどうでしょうか?例え、案内がなかったと記憶していたとしても、自らの見逃しは理由にならないこともあるのでしっかりと確認を行いましょう。

請求メールや電話で住所や本名の提出を求められていないか?

対象の出会い系サイトが悪質である場合、利用者の本名や住所の提出を求めるような内容の案内がなされたりします。これは、利用者の特定をするためのワナである確率が高いので、例え「住所や本名を提出すれば延滞金はかかりません」というような内容が記載されてあったとしても、決して安易に個人情報を提出しないようにするのが賢明です。

そのサイトは違法サイトではないか?

出会い系サイトは法律により、事業者が最寄りの公安委員会に出会い系サイトの運営の届け出をしなければならないと規定されています。あなたが請求を受けた出会い系はきちんと届け出がなされているでしょうか?運営会社の住所を元に確認を取るのもひとつの方法です。もし、届け出がされていなかったり、住所の記載がなければ違法サイトである可能性が高いので早急に支払いなどしないことが大切です。

上記の確認を行うだけで支払う必要があるかないかの判断がつけられます。むやみに焦らず、落ち着いて対応すれば無駄な労力を使わずに済みますので、「トラブル時こそ冷静さを保つ」ということが心掛けましょう。