無料出会い系サイトの安全性

最終更新

出会い系サイトを利用するリスクは、サクラ出会い系に騙されるということ以外にも有料サイトを使う場合に発生する利用料金を支払うという金銭面でのリスクがあります。特に、料金を支払うということに抵抗を感じる人は多く、それらの人たちは無料出会い系を選ぶ傾向が強いです。しかし、無料出会い系サイトは安全性の観点から評価すると危険なタイプのサイトと言わざるを得ません。

有料のサクラ出会い系を利用することになるリスク

無料出会い系サイトの安全性に関する最も大きな問題は、どのタイプの無料サイトであっても有料のサクラサイトを使わされることになるリスクがかなり高いということです。

無料出会い系サイトは仕組み上売上げを自前で上げることができません。したがって、有料サイトをはじめとした他の出会い系サイトへと登録者を流すことで収益を上げなければいけないという仕組みになっています。無料サイトは、はじめからこの収益モデルを意識して開設されたものばかりなので必然的に有料のサクラサイトへと誘導させようと運営者は躍起になります。収益をより多く上げるためには、より多くの登録者を他サイトへと流すことが必要になるのでありとあらゆる手段を講じて外部サイトへと移動させようとするのです。ユーザーが外部サイトへのリンクと気づかないようなやり方を用いることがほとんどです。

こうした無料サイトの運営者による必死の誘導に釣られてしまうというリスクが非常に大きいです。

広告や売り文句とはまったく異なる実態

また、無料出会い系サイトそのものについても大きな問題があります。無料サイトは先に触れた通り、収益を上げるためにたくさんの登録者を外部サイトへと送り込む必要があります。そのため、できるだけたくさんの人を自サイトに登録させたいと考えるわけですが、その手法が非常に悪質です。

実質登録者がほとんどいないにも関わらず女性が多いという表現でユーザーを取り込もうとしたり、外部サイトへと登録者を送り込む手法に問題がありながらも安全性が高いと偽ったりします。他にも、ほとんど出会えないにも関わらず簡単に会えるなどの誇大広告によってユーザーを騙すなど、利用者を取り込むために用いる手段に大きな問題があります。

無料出会い系サイトの運営業者が目的としているのは、登録させたユーザーを外部サイトに送り込んで収益を上げることのみです。そのため、自らが運営する無料サイトの充実にはまったくと言っていいほど力を入れていません。つまり、無料サイトはいい加減に運営されているだけの価値が低い出会い系サイトということになります。


こうした点から無料出会い系サイトの安全性は出会い系の中でも最も危険と言っても過言ではないというのが実態です。