不倫の恋は潔く、マナーよく

最終更新

人妻系の出会いサイトがあることを見ても分かる通り、出会い系には既婚者の女性が意外なほど多くいます。それは、見知らぬ相手とひっそりと誰にも知られずに出会う上で非常に使い勝手のいいという側面が出会い系サイトにあるためです。そのため、出会い系サイトを使う女性の約30%が既婚者とまで言われる程人妻の数が多いです。もちろん、男性利用者に占める既婚者の割合も非常に高く、男性の場合は約半数が既婚者というサイトも少なくありません。

そうすると、実際に出会う人を見てみると、少なくとも男女のどちらかが既婚者である確率は高くなりますし、必然的に不倫の関係ということになります。

不倫の関係に入れ込み過ぎない

そうした不倫の関係というのはやはり、リスクを背負っての関係ですから刺激的でもありますし、どうしても燃え上がりがちな部分があります。一般的には男性よりも女性の方が性別的にも傾向的にも感情的になりやすいと言われるため、不倫の関係にどっぷりと浸かってしまうのは女性の方が多いと考えられがちですが、実際には男性の方が女性以上に心理的な面でも実際の行動の面でも突っ走りがちです。

女性が冷静な場合、男性がより盛り上がる

女性はやはり家庭のことが気になったりする部分があるのでしょうか、実際には心の中で不倫の関係に線を引いている場合が多く、気持ちの切り替えが上手な人が多い反面、男性の場合はどうしても本能的になりやすく、後先を考えずに不倫の恋を突き進めようとします。ニュースなどで報道される不倫絡みの事件の中には、別れを持ち出した女性に対して男性が取り乱してしまったがゆえに起きるものも少なくありません。

女性が独身、男性が既婚者の場合

このケースがいわゆる世間的な不倫のイメージに一番近いのではないでしょうか?上司との不倫に悩む20代のOLというイメージは誰もがしやすいものです。しかし、出会い系においては親しく接しているうちに好意を持つようになり不倫関係になるというよりは、その過程を経ない分そこまでのドロドロ関係にはなりにくい部分があります。

気持ちはそこそこで抑えておく

男性にも女性にも共通して言えることですが、不倫はしょせん不倫です。突き詰めて、誰もが不幸にならない解決法があればいいのですが、不倫の場合、そうした解決法はほとんどないに等しいでしょう。従って、不倫の恋を続けて行きつく先は自ずと見えてきます。

はじめから落としどころを考えておくこと

不倫をする場合、「これが本当の妻(夫)だったらなあ」などと考えながら付き合うのは最後につらい別れや不幸に遭ってしまう可能性が高いので決しておすすめできません。お付き合いのスタート時点ではじめからお互いに落としどころを考えておくことが何よりも重要です。

不倫関係の彼女(彼氏)=本命ではないを肝に銘じる

例え独身カップルや夫婦のように付き合っているとしても、自分のモノではありません。人様の奥様であり旦那様なわけですから、一般的に彼や彼女に接するように“自分の彼氏(彼女)”という考えは持たないことです。マナーよくというのはまさにその点の話で、距離感を適切に保つマナーが必要であるということではないでしょうか?そして、引き際に潔さを持つというのが大切です。